今泉佑唯が舞台「あずみ」の成功を祈願「殺陣は歴代で一番上手い」

今泉佑唯が主演を務める舞台「あずみ~戦国編~」の公演成功祈願会見が花園神社にて行われた。
本作品は2003年と2005年と2度映画化され、上戸彩が「あずみ」を演じた。舞台版では2005年に黒木メイサが明治座で最年少座長の記録を作っており、2016年には川栄李奈主演で上演され、絶賛のうちに幕を閉じた。

そして今回、四代目あずみに抜擢されたのは、テレビ、バラエティのみならず、2019年の舞台「熱海殺人事件」で女優としての才能を開花させた今泉佑唯。公演成功祈願会見には今泉の他に瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝といった注目を集める若手キャストが集結。

記者会見では今泉があずみに対して「歴代そうそうたる方が演じられているのでプレッシャーを感じます」とコメント。「出演者みんなで新しいあずみを作っていけたらと思っています。頑張ります!」と登壇者全員に気合いを入れた。また、演出の岡村俊一は今泉を「殺陣は歴代で一番上手い。とんでもなく上手いので早く見ていただきたい」と絶賛した。

さらに、記者会見の最後には、本日がバレンタインデーということで座長である今泉佑唯が報道陣にチョコレートを配る微笑ましい場面もあった。

これまで数々の名女優が挑んだ「あずみ」。そんなあずみを今泉佑唯はどう演じるのか、期待が高まるばかりだ。

▽舞台「あずみ~戦国編~」
原作:小山ゆう(「あずみ」小学館刊)
演出:岡村俊一
出演:今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、神永圭佑、小松準弥、吉田智則、ほか
公演日程:
[東京公演]2020年3月14日(土)〜3月29日(日)「東京・Bunkamuraシアターコクーン」
[大阪公演]2020年4月4日(土)〜4月5日(日)「大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール」