R31パサージュでしか味わえない日産流の硬派な走りとソフトさの融合|7thスカイライン4ドアハードトップGT 3

当初はソフトなクルマに仕立てられたR31 まず4ドアのセダンとハードトップのみのラインナップでスタートしたR31は、2L6気筒エンジンを従来のL型からRB型へ刷新した。サスペンションは従来通りにフロントがストラット、リアがセミトレーリングアームだったが、新たにHICASと呼ばれるシステムを採用している。これはステアリングの舵角に対して逆位相で後輪を操舵する機構。シャープで安定した挙動を目指したモノで、後のアクティブサスペンションへの先駆けともいえるシステムだ。

 こうして意欲的な装備・機構を採用したR31スカイラインだったが、にもかかわらず販売上で白いマークⅡ3兄妹を打ち負かすことはできなかった。そのため、デビュー翌年には2ドアスポーツクーペを追加。黒いボディをイメージリーダーとして、CMにはタレントの岩城滉一氏を起用。完全に以前のイメージへ軌道修正していた。さらに、モデル末期には出力を上げた限定車GT-S-Rを発売した。

 だが、この時代、4ドアのパサージュには、R31でしか味わえない日産流の硬派な走りとソフトさの融合した味がある。今でもファーストカーとして使う吉田さんが、それを証明している。



L型のブロックをベースに開発された、新時代のDOHCであるRB20エンジン。ターボ仕様では1L当たり100psを超える210psを発生するパワフルな内容で、空冷式インタークーラー、電子制御過給圧コントロールシステムなどを採用する。青いコードはオーナーの吉田さんが施したアーシング。



フロントバンパーには純正オプションだったフォグランプを装備。ライトをonにするとカバーが持ち上がり点灯する。



現在の日産車に採用されるそれと同じ考え方の、ワンタッチで施解錠できるカードエントリーシステム。先進的な装備が満載だった。

ハチマルヒーローvol.12 2009年 12月号 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)