ONE OK ROCKの代々木ライブを考察、Takaが問いかける「覚悟」の意味

2020年1月29日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された「ONE OK ROCK 2019-2020 "Eye of the Storm" JAPAN TOUR」。筆者にとっては2年前のフルオーケストラとの競演ライブ以来、2019年のアルバム『Eye of the Storm』を経て観る初めてのステージ。バンドが歩んだ第二章の仕上がり具合を楽しみに、会場に足を運んだ。

リリースから1年以上、海外や日本のステージで『Eye of the Storm』の曲を披露してきただけあって、ONE OK ROCKが求めた変化とはどういうものだったのか冒頭からよく分かった。陰影のある「Eye of the Storm」の多層的なサウンド(映像の演出もクール)。静と動が織りなす「Grow Old Die Young」のスケール感(アタック感の強いリズムの中、バンドの演奏でビシッと締めるところもさすが)。「Cant wait」のポップさ(Toruが掻き鳴らすギターの余韻がいい味出してる)。バンドの表現力に幅が出たことで「Clock Strikes」のような過去の曲も彩りが一層豊かに。波打つように広がっていくパワーだけでなく、「Worst in Me」のような内省的な響きも自在に操れるようになったという点が、第二章を迎えたバンドのストロングポイントだと感じた。

スマホのライトが会場を照らした「Be the light」の”Even though the days go on So far so far away from / It seems so close(時間は流れて あの日からどんどん離れていく/でもまだあの日は近くに感じる)”というフレーズ。4人のメンバーを寄りでカメラが抜く映像上の演出もあったせいか、Taka(Vo)、Toru(Gt)、Ryota(Ba)、Tomoya(Dr)の凄みがより伝わった「Push Back」の”Now were back in the fight/止まることなく走り続けて/この先に待つどんな苦難どんな試練も/Its like their holding the””というフレーズ。Takaが感じた「自分ごと」の歌詞でありながら、それを「みんなごと」として感じさせるエネルギーがONE OK ROCKの「歌」にはある。Tomoyaが弾くピアノとTakaのヴォーカルが織りなすバラード「In the Stars」では、2人だけにスポットライトが当たる照明にもかかわらず、その歌が客席を明るく照らしているかのような感覚を味わった。


Toru(Photo by Rui Hashimoto)


Ryota(Photo by Rui Hashimoto)


Tomoya(Photo by Rui Hashimoto)

4人のバンドマンと約1万2千人のオーディエンスが作り出す尊い空間。当たり前のことかもしれないが、そこにあったのはただただシンプルに、歌と音楽だった。きらびやかな照明や巨大なスクリーンはパフォーマンスを盛り上げるための装置でしかない。会場の規模問わず、ONE OK ROCKのライブとは「語らい」の場であり、その共通言語になっているのはONE OK ROCKの曲である。胸の内に秘めたいろんな想いを炸裂させるかのように、ステージ上にエネルギーを送るオーディエンス。それに対して、まだまだ足りないと言わんばかりにさらにテンションを上げていく4人の演奏。この純度の高さこそが、ライブの真骨頂だ。俺たちのように貪欲に生きろ、誰かが作った既存のものにとらわれるな――。ONE OK ROCKが約15年の歴史で作り上げた「価値」とは、自分らしくいることは何も恥ずかしくないということではないだろうか。そしてそんな価値観を圧倒的な演奏力と歌唱力で体現してみせた約2時間半、ONE OK ROCKというバンドはさらに進化していくと確信した。


Photo by Rui Hashimoto



ライブ中のスマホ撮影を解禁した「Stand Out Fit In」と「完全感覚Dreamer」

ONE OK ROCKがシーンの起爆剤の一つとなり、彼らとその仲間のバンドたちは今や日本のロックのメインストリームを占めるまでになった。何もないところからONE OK ROCKの歴史は始まった。現状に甘んじることなく常に挑戦を続け、ドームやアリーナを当たり前のようにソールドアウトできるようになった今も、その目線の高さとスタンスはファンと変わらない。それを如実に感じたのが、アンコールの2曲。ライブ中のスマホ撮影を解禁した「Stand Out Fit In」と「完全感覚Dreamer」だ。

頭を空っぽにして楽しむだけならパーティに参加すればいい。TakaがMCでよく言う「かかってこい!」は(「じぶんROCK」では「自分らしくかかってこいよ!」と言っていた)、我々に覚悟を問いかけてくる。興奮と衝動。お前を突き動かすものは何なのか? 怒りなのか悲しみなのか、もしくは痛みなのか。その全部をONE OK ROCKの音楽にぶつけてこいと迫ってくる。そんな状況下であれこれ禁止されたら、そりゃテンションも下がるだろう。だからルールを無視してやりたいようにやれ!という考え方も分かるし、時代とともに変えていかなきゃいけないこともたくさんある。だが一方でアーティストが真剣勝負をしている空間だ。そんな緊張感の中、ただ突っ立ってスマホ越しにじーっと見るオーディエンスばかりだったら、表現している方は面白くないだろう。Takaはそんなことを身をもって示しつつ、でもファンが喜んでくれるからという理由で最後は人気曲で締めくくる。扇動者でありながら、生粋のエンターテイナーでもあるのだ。

この日のMCで「(チャレンジングなアルバム『Eye of the Storm』を引っさげて)いろんな国をまわって、いろんな人たちのリアクションを見て感じたことが一つありました。自分たちがいかにロックバンドが好きで、ロックの音楽を愛しているかということ。これに尽きます」と語ったTaka。ロックという音楽には、時には人生に強い影響を与える「信念」がアーティストごとに宿っていると思うし、それがあるからハッとするような「革新」がときどき生まれて、その積み重ねが「伝統」になっていく。その重みは、どんなものにも負けない。そんな強さをあらためて感じさせるステージだった。


Photo by Rui Hashimoto

ONE OK ROCK 2019-2020
EYE OF THE STORM JAPAN TOUR
1月29日(水)
SET LIST
01 Eye of the Storm
02 Take me to the top
03 We are
04 Taking off
05 Re:make
06 Cant Wait
07 Clock Strikes
08 Head High
09 Grow Old Die Young
10 Change
11 Worst in Me
12 Be the light
13 In the Stars
14 instrumental
15 Push Back
16 キミシダイ列車
17 じぶんROCK
18 Giants
19 The Beginning
20 Mighty Long Fall
21 Wasted Nights

En1 Stand Out Fit In
En2 完全感覚Dreamer