連続ドラマ「テセウスの船」主演の竹内涼真さん

 俳優の竹内涼真さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「テセウスの船」の第4話が2月9日に放送され、平均視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。4週連続で2桁と好調をキープしている。

 原作はマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガ。主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う……というストーリー。

 第4話の副題は「第2章・変わり果てた最悪の未来」。31年前の世界から現代に戻ってきた心だったが、文吾は冤罪でとらわれたまま、母の和子(榮倉奈々さん)と兄の慎吾は心中して亡くなっていた。生き残った姉の鈴は行方知れず。心は、自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったのを深く後悔する。

 最愛の妻・由紀(上野樹里さん)が亡くなった歴史も変わっているのではと思った心は、由紀の実家のそばで、歴史が変わって生きている由紀と遭遇。しかし、由紀は「音臼小無差別殺人事件」について調べる週刊誌の記者となっていた。その後、心は、拘置所の文吾と再会し、必ず冤罪を晴らすと約束。さらに、村田藍という名前に変え、音臼小事件の被害者である木村みきお(安藤政信さん)と生活する鈴(貫地谷しほりさん)とも再会する。

 文吾の冤罪を晴らそうとする心は、由紀から「音臼小事件被害者の集い」の情報を手に入れ、会場に向かう。被害者から文吾の冤罪を晴らせるような証言者を得ようとする心だったが、会場にみきおの母・木村さつき(麻生祐未さん)がいたため、鈴の今の幸せを壊してしまう可能性があり、諦める……という展開だった。

 終盤では、諦める心に代わって由紀が、会場に乗り込み、被害者たちの前で、「真犯人がいるのではないでしょうか」と熱く語り、無実を証言してくれる人を探そうとするシーンが登場。被害者から罵声が飛び、水もかけられながらも、情報提供を呼びかける由紀を演じる上野さんの熱演に、視聴者からは「由紀さんの行動に涙が止まらない」「かっこよすぎっ!」「ほれてまう!」という声が上がっていた。