◆ 左打席で安打

 ロッテ・三家和真が8日、楽天モンキーズとの国際交流試合で途中出場し、少ない打席でしっかりと内容のある結果を残した。

 春季キャンプ二軍スタートの三家は、この日もファームで練習をしていたが、打撃練習が終わったあとに一軍に呼ばれたという。8回無死二塁の第1打席、ソフトバンク・内川聖一との自主トレ後も、インパクトに課題点を挙げていた左打席で、センター前にきっちりとタイムリーヒットを放った。

 「今日に関しては、打席立ったときにインパクトのことを考えるかと言われたら、そんなことは考えていなかったんですけど、良い当たりでピッチャーの横を抜けていったので、ちゃんと捉えていないとああいう打球は出ないと思う」と振り返った。

 左打席で安打を放ったが三家は、「まだはっきりと、『違うな』、『そうでもない』、『今のは良かったの繰り返し』。まだ全然、掴めるところまでいっていない。インパクトの強さ、強い打球を何回も出せるように頑張って、継続していきたいなと思います。なんとか量を振って、バットを振って、振って振りまくって覚えていくしかない」と継続性の重要性を改めて強調した。

◆ 価値のある四球

 続く9回一死二塁の第2打席は、2ストライクと簡単に追い込まれるも、そこからきっちりとボールを見極めて、四球を選び、藤原恭大の3ランをアシスト。

 「簡単に追い込まれて三振とか、簡単に終わるのはアカンなと思っていた。ランナーも二塁で点差があったので、なんとかいい内容で終わりたかったので、良かったです」と本人も納得の価値のある四球となった。

 出場したのも試合終盤からと、数少ない出場機会のなかできっちりと存在感を示した三家。「結果を求めつつ、結果を出すまでの過程を大事にして、なんとか声、全力疾走など姿勢の部分でもアピールしていかないといけない。まずはそこから。それでアピールして結果がついてくれば、なおいいかなという感じです」。与えられた場所で、しっかりとアピールしていく。

取材・文=岩下雄太