タブレット用【キーボード】おすすめ5選|接続方式・サイズ・専用/汎用で選ぶ!

【この記事のエキスパート】

ITライター:海老原 昭

ITライター:海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。

キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。


ITライターが選ぶタブレット用キーボード5選をご紹介します。タブレットで文字の入力が多いときにキーボードがあったら……と思うときはありませんか? そんな時にタブレット用キーボードがあるととても便利なのですが、いざ探してみると、マルチに使えるBluetoothタイプやノートパソコンのように使える専用タイプなどさまざまな種類があり、どれを選んだらよいか迷ってしまいます。そこで、ITライターの海老原 昭さんに、タブレットで使うのにぴったりなキーボードの選び方のポイントについて教えてもらいました。記事の最後には各通販サイトのランキングも掲載していますのでぜひ参考にしてみてください。

ITライターが開設!
タブレット用キーボードの選び方

ITライターの海老原 昭さんに、タブレット用キーボードを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

接続方式で選ぶ

【エキスパートのコメント】

無線と有線の2タイプから選ぶ

キーボードは主にBluetooth接続の無線タイプ、USBなどの有線タイプがあります。有線タイプには(実際には線はありませんが)専用ポートに接続するタイプも含まれます。

後述する専用・汎用の違いにも関わってきますが、有線タイプ、とくに専用ポートを使うタイプは電源も本体から取るため電池切れなどがなく、接続も容易で、スタンドなどを兼ねるものがありますが、他の機器では使えません。

一方、無線タイプは電池駆動になるため、使用中の電池切れが怖いですが、PCやスマートフォンでも利用できます。

どちらを選ぶかは悩ましいところですが、タブレットに関しては有線式(専用品)が使い勝手の面でややリードしているケースが多いです。

Anker(アンカー)『Ultra-Slim Bluetooth Keyboard』:

出典:Amazon

約200gの軽量Bluetoothキーボード。単4電池で約3カ月使えて、外出先でも電池切れでもらくに交換できて便利。

重さ・サイズで選ぶ

【エキスパートのコメント】

使いやすさも大事

タブレットは持ち運んで使うことが多い機器だけに、キーボードも一緒に持ち歩いて使うことを前提に考えたいものです。

タブレットと一緒にバッグに入れた時に邪魔にならないサイズや重さのものを選びましょう。カバータイプのキーボードなら、ほぼ常時付けておくことが前提に設計されているため、サイズや重さの面では問題ないでしょう。

外付けの独立したキーボードの場合、非常にコンパクトだったり、本体が巻き取れるなどの特徴がある製品もありますが、可搬性を重視しすぎて入力しにくいものもあります。

キーボードの目的はあくまで快適な文字入力を可能にすることで、軽量化だけを考えればソフトウェアキーボードを使えばいい話なので、あまり奇をてらわずに、キーボードとして使いやすい製品を選ぶことを念頭に入れましょう。

Ewin『Bluetooth 折りたたみ式 キーボード』:

出典:shop.r10s.jp

2つ折り式で、たたむと持ち運びに便利な超コンパクトサイズながら、開けばストレスのない打ちやすさ。外装はレザーで見た目がおしゃれで耐久性もばっちり!

専用・汎用で選ぶ

【エキスパートのコメント】

複数機器で使用するなら汎用品、1台だけなら専用品

タブレット端末には、大きく分けてiPad、Android、Windowsの3タイプあります。このうち、iPadやWindowsタブレットの中には専用のポートに接続するタイプのキーボードがあり、サイズやデザインもぴったり合うようになっています。

ただし、専用モデルなのでほかの機器では使えず、同じシリーズでもサイズが変わればうまく合わないといったことも。

汎用品はどの製品でも使える代わりに、デザインもまちまちです。どちらがいいかは一概に言えませんが、さまざまな機器で併用したければ汎用品を、1台だけを使うなら専用品のほうが便利なことが多いです。

Logicool(ロジクール)『Silm Combo』:

出典:Amazon

10.5インチのiPad用のキーボード。着脱式キーボードと調整可能なキックスタンドにより、iPadをノートPCのように使ったり動画を見るときのスタンドにもなる。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)