【Bluetoothヘッドホン】のおすすめ6選|音質・バッテリー駆動時間で選ぶ!

【この記事のエキスパート】

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。

特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。

また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。


オーディオ・ビジュアル評論家が選ぶBluetoothヘッドホン6選をご紹介します。ウォークマンなどの専用プレーヤーよりもスマートフォンで音楽を聴くことが主流となった現在は、ヘッドホンは有線モデルよりもBluetoothワイヤレスが多数を占めるようになりました。しかし、ワイヤレスゆえに気をつけるポイントがいくつかあります。そこで、オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんにBluetoothヘッドホンの選び方のコツについて教えてもらいました。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

オーディオ・ビジュアル評論家が解説!
Bluetoothヘッドホン選び方のコツとは?

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、Bluetoothヘッドホンを選ぶときのポイントを
5つ教えてもらいました。

音質などスペックは要チェック

【エキスパートのコメント】

コーデック(圧縮方式)もチェック

ひと昔前まではBluetoothヘッドホン=音が悪いというイメージがありましたが、最新モデルではドライバーなどハードウェアの進化やコーデック(音の変換や圧縮の形式)と呼ばれる音声伝達方式の多様化などによって、有線ヘッドホンに遜色(そんしょく)のない音質をもつ製品も登場してきました。

もちろん利便性は重要ですが、音質に満足できないのであれば長く使い続ける気持ちになれません。まずは、音の気に入ったBluetoothヘッドホンを探し出しましょう。

ちなみに、コーデックはaptXやaptX HD、LDACなどに対応している製品がおすすめです。

ULTRASONE(ウルトラゾーン)『Go Bluetooth』:

出典:Amazon

高音質なapt-Xに対応、S-Logic採用でULTRASONE特有の広がりのあるサウンドが楽しめる小型軽量Bluetoothヘッドフォン。

屋外使用がメインなら密閉型一択

【エキスパートのコメント】

密閉型は音漏れも少ない

Bluetoothヘッドホンは、ワイヤレスの利便性から屋外での使用がメインとなってきます。電車内やオフィスなど、人の多い場所で使う場合は音漏れが気になるところ。そういったシチュエーションをあらかじめ想定して、ヘッドホンのハウジング(スピーカー部分などを保護する)部分は開放型ではなく密閉型をチョイスしましょう。

実際、Bluetoothヘッドホン製品は大半が密閉型ですが、なかには開放型のモデルもあります。音場的な広がり感がよく、音色的なクセの少ない開放型ヘッドホンのサウンドはたしかに魅力的ですが、利用は室内のみに留めるのが無難です。

AIR by MPOW(エアー・バイ・エムパウ)『X4.0J』:

出典:Amazon

しっかり耳を覆う密閉型なので音漏れの心配も少ない! ノイズキャンセリング機能もついていて移動中の騒音をカットして音楽に集中できる。

騒音を大幅カットするならアクティブノイズキャンセリング機能

【エキスパートのコメント】

ノイキャンはピュアな音を耳にとどけてくれる

最近は外からのノイズを抑えるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホンが増えてきています。

実際、屋外使用時に騒音を低減してくれるアクティブノイズキャンセリング機能は、どんなシチュエーションでもピュアなサウンドを楽しめますし、音が耳までよく届いてくれることから音量を小さくすることもできます。

電車内など騒音レベルの高い環境でヘッドホンを利用するなら、やや高価となりますが、アクティブノイズキャンセリング機能搭載製品を候補に入れてみてください。

BOSE(ボーズ)『Noise Cancelling Headphones 700』:

出典:Amazon

環境に合わせて11段階のノイズキャンセリングレベルを自由にコントロール! アナウンスを聞いたり、ちょっとした会話のときはボタンひとつで一時停止できる。

操作性が好みの製品をチョイスするのもアリ

【エキスパートのコメント】

操作性の善し悪しで選ぶのもあり

Bluetoothヘッドホンはプレーヤーとの接続切替や楽曲操作、音量調整、電話の受話操作などが行えるなど、かなりの多機能さを持ち合わせています。最新モデルでは、スマートフォンなどを音声操作できる製品も登場してきました。

こういった機能性の高さから、Bluetoothヘッドホンにはさまざまな操作ボタンが配置されています。

製品によっては、タッチパッド操作などを採用したモデルもあります。どの操作体系も慣れれば特に問題ありませんが、操作性の好みでチョイスするのもひとつの選び方です。

音質や機能性で製品を選びきれなかったら、最後は操作性の善し悪しで購入する1台を決めるのもおすすめです。

JBL(ジェイビーエル)『TUNE 500BT』:

出典:Amazon

人間工学に基づいたデザインでフィット感・操作性が快適! SiriやGoogle Nowにも対応していて便利に使える。

バッテリー駆動時間は10時間前後が目安

【エキスパートのコメント】

だいたい2~3日程度使用可能

バッテリー持続時間は長ければ長いほどよいですが、その分重量が重くなってしまうというジレンマがあります。

そうはいっても、持続時間が短すぎる製品だと、いざというときにバッテリー切れしてしまい、せっかくの音楽が楽しめません。バッテリー持続時間は10時間前後を目安にしましょう。

このくらいの持続時間があれば、多くの人は2~3日ほど使用することができます。とはいえ、こまめに充電することも心がけましょう。

Skullcandy(スカルキャンディー)『Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン』:

出典:楽天市場

バッテリーは最長24時間駆動可能! 10分の充電で4時間再生可能な急速充電にも対応している。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)