左から、中島裕翔、織田裕二

織田裕二が主演を務め、Hey!Say!JUMPの中島裕翔とバディを組む、4月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)がクランクインした。撮影は2月初旬に都内のスタジオでスタート。2人は撮影初日にも関わらず、前作から育んできた絶妙のコンビネーションを披露した。

本作は、2018年10月期に放送されて人気を博した『SUITS/スーツ』の続編となるリーガルドラマ。前作に引き続き、織田が負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午を、中島が経歴詐称の天才青年・鈴木大輔を演じる。ドラマでは、2人が様々な訴訟に向き合い、問題を解決していく姿が描かれる。

シーズン1よりパワーアップした「幸村・上杉法律事務所」のスタイリッシュな豪華セットの中でクランクインを迎えた織田と中島は、スタッフの拍手に出向かれられてスタジオ入り。ファーストシーンでは、さっそく甲斐と大輔の会話が繰り広げられた。

甲斐がボストンから戻ってきた大輔に対し、「復帰へのリハビリだ」とクライアントである大手出版社の案件を任せるという場面。この大手出版社は、元契約社員の女性から「小説のアイデアを盗用された」と訴えられていた。大輔が「完封で勝利を」と宣言すると、甲斐が「9回までやるのか?」と返す、『SUITS/スーツ』ならではのユーモア溢れるシーンに仕上がった。

オフィスでテンポのよい軽妙なセリフの応酬が続き、2人はワンカット撮影する度に、少し離れた場所にある大型モニターまで移動して演技をチェック。織田がセットに戻る際にセリフを口ずさむと、中島がそれに合わせて自分のセリフを返すなど、息もぴったり。

また、中島がセリフを間違い、「固い、固い! 緊張してる!」と反省していると、織田が何も言わずに肩を組んで一緒にセットに戻るという一幕も。ブランクがあったにも関わらず、すっかり前作同様のバディぶりを発揮していた。

クランクインをはじめとする撮影メイキングや裏話は、公式サイトや公式SNSでも随時紹介。織田と中島の姿を中心に、ドラマの様々な情報を伝えていく。