アダム・ランバートがソロ新作を3月発表、ナイル・ロジャースを迎えた新曲「Roses」公開

クイーンとのツアーを継続中のアダム・ランバートが、ニューアルバム『Velvet』を3月20日にリリースすると発表。シックのナイル・ロジャースを迎えたファンキーな新曲「Roses」が併せて公開された。

ランバートはロジャースの弾くギターに乗せて、”君の視線はナイフのようだ/僕らはキスをするたび息が止まりそうになる”と歌っている。70年代ディスコのパイオニアは、ダフト・パンク「Get Lucky」を思い起こさせるこの曲の隅々まで活躍している。

『Velvet』はランバートにとって4作目のアルバムとなり、本人が「最高のヴァイブを捉えた、セクシーな13曲」が収録される。今回公開された「Roses」は、「Superpower」「Comin in Hot」「Feel Something」に続くシングルである。

2月27日にランバートはクイーンとして、オーストラリア森林火災の復興支援コンサート「Fire Fight Australia」に出演する。さらに、今春開催されるクイーンのヨーロッパ・ツアーの合間に、ランバートは4月22日、23日、24日にラスベガスで連続公演を行う予定だ。