関水渚、重岡大毅

吉高由里子が主演を務めるドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、第5話が2月5日に放送。勝野洋がゲスト出演する。

週刊誌編集部を舞台に、主人公の記者・真壁ケイト(吉高)が世の真実を暴く立場でありながら自分の真実に人生を狂わされながらも記者としてだけではなく、人としても成長していく姿を描くお仕事系ヒューマンドラマ。ケイトが所属する「週刊イースト」編集部のメンバーとして、編集長・岩谷進役の佐々木蔵之介を筆頭に、重岡大毅(ジャニーズWEST)、本多力、小林きな子、和田聰宏、山内圭哉、関水渚ら、さらに柄本佑、小林薫といった豪華俳優陣が出演している。

<第5話あらすじ>
尾高(柄本)と共に30年前に乃十阿(小林)が毒草を使って殺人事件を起こしたキャンプ場へ向かったケイト(吉高)。未だに動機不明とされる事件に思いを馳せ複雑な気持ちを抱く。帰り道、尾高の優しさに頼りたい気持ちを抑えて、ケイトはまだ終えていない杏南(秋吉久美子)の納骨を一人で済ませた、と強がりの嘘を告げる。

翌週。記事のネタを探すケイトは元警察署長・沖田秀則(勝野)が実の孫を殺した事件の注目の判決を傍聴する。被告人の沖田は親代りとなって育ててきたロースクール生の孫をスパルタ教育の末に殺害したと報道されていて……。罪を認め反論しない沖田の様子に直感的にひっかかるものを感じたケイトは、沖田本人への面会を取り付けることを黒川(山内)に宣言して、まずは事件の周辺取材へと向かう。

アシスタントの佐藤(森田甘路)と共に沖田家の近隣住民に取材をしたケイトは、沖田がスパルタ教育をしていたという証言を聞く一方、報道には上がっていない「すごく孫をかわいがっていた」という話にも行き当たる。さらに沖田と親交のあった警察内部の人間からも、「孫を甘やかしすぎだった」というスパルタとは逆の話を聞き……。沖田の “本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミとの接触を避ける沖田からは面会を拒否されてしまう。

そんな中、編集部ではケイトと春樹(重岡)が別れたことに勘づいた連載班の小泉(関水)が、春樹に交際を申し込んでいた! 突然の告白に動揺しつつも、春樹はケイトと尾高の関係が気にかかり……。

一方、“何も盗まずに住居侵入を繰り返す女”の事件を追っていた小野寺(今井隆文)から犯人の意外な“動機”を聞いたケイトは、先入観が取材の邪魔になることを再認識し、改めて沖田の事件の取材に向き合う。すると殺された孫・弘人の周辺に意外な情報が! さらに、スクープにつながる情報が思いも寄らないところに隠されていて……!? 岩谷(佐々木)は沖田と直接話すチャンスを狙ってケイトに弁護士の接見について行くよう指示する。果たしてケイトは事件の真実に辿り着くことができるのか!?