ラジオリスナーはもちろん、音楽ファンや家族連れも楽しめそうな大規模イベントが間近に迫っている。TBSラジオが仕掛ける「RADIO EXPO ~TBSラジオ万博2020~」だ。会場のパシフィコ横浜には複数のステージが出現し、音楽ライブやトークイベントが繰り広げられる。これはまさに、ラジオがテーマのフェスである。今回は、TBSラジオで聞いた話も交えつつ、同イベントの楽しみ方を考えてみたい。

  • ラジオエキスポのポスター

    TBSラジオは2月10日と2月11日の2日間にわたり、パシフィコ横浜にて大型リアルイベント「ラジオエキスポ」を開催する

最初に、ラジオエキスポ開催の経緯を簡単に押さえておきたい。TBSラジオではもともと、ラジオ番組の公開収録・公開放送やトークイベントなどをメインとする無料イベント「ラジフェス」を開催していた。このイベントは大人気で、2018年には2日間で16万人超の来場者を集めたのだが、会場の赤坂サカス(東京都港区、TBS放送センターの正面)は人であふれかえり、安全面からいっても、同じような内容のイベントを同地で開催し続けるのはかなり難しい状況となっていた。そこで、TBSラジオは今回、パシフィコ横浜を借り、有料の新規イベント「ラジオエキスポ」を開催することにしたのである。

TBSラジオのリスナーとしては、ラジオエキスポが有料イベントとなったことの是非や、「ラジフェス」の今後(なくなってしまうのかどうか)など、いろいろと気になることがある。そのあたりについては先日、TBSラジオでたっぷりと話を聞いてきたので、次の記事で詳細をお伝えしたい。なので、今回の記事では、ラジオエキスポの内容について見ていきたいと思う。教えてくれたのは同イベントのプロジェクトリーダーを務めるTBSラジオ 編成局 事業部の内田寛之さんと、同部次長の野上知弘さんだ。

屋内型ラジオフェス、2日通し券は9,000円

まず、イベントの概要は以下の通りだ。

■RADIO EXPO ~TBSラジオ万博2020~
・日時:2月10日(月)と2月11日(火・祝)の2日間
・会場:パシフィコ横浜・展示ホール(神奈川県横浜市)
・チケット:1日目4,500円、2日目6,000円、2日通し券9,000円、こどもエキスポ1,500円、e+(イープラス)で販売中

使用するのは、パシフィコ横浜・展示ホールのA~Dホール。ホールAは「こどもエキスポ」、ホールBは「ミュージックEXPO」、ホールC・Dは「エンタメEXPO」の会場となる。エンタメEXPOの会場内には「物販EXPO」と「横浜フードEXPO」がある。屋内型のフェスのような雰囲気だ。

  • 「ラジオエキスポ」のエリアマップ

    「ラジオエキスポ」のエリアマップ

日程は2日間だが、初日の2月10日は17時開場、21時終演、2日目の2月11日は9時開場、18時終演と時間が異なる。初日の開演時間が遅いのは、その日が平日であることを考慮した結果のようだ。

「たった4時間のために、4,500円のチケットを買う価値があるの?」。初日については、こんな疑問を感じた人もいるかもしれないが、それはタイムテーブルをよく見てから判断してほしい。先走って言ってしまうと、音楽を聴きに行くだけでも内容は濃厚なはずだし、往年のTBSリスナーであれば、“コサキン”とナイツが共演する初日の特別ステージを見逃すわけにはいかないはずだ。

  • 「ラジオエキスポ」のタイムテーブル

    2月10日「エンタメEXPO」のタイムテーブル

  • 「ラジオエキスポ」のタイムテーブル

    2月11日「エンタメEXPO」のタイムテーブル

  • 「ラジオエキスポ」のタイムテーブル

    2月10日「ミュージックEXPO」のタイムテーブル

  • 「ラジオエキスポ」のタイムテーブル

    2月11日「ミュージックEXPO」のタイムテーブル

音楽フェスとしても成立! 「ミュージックEXPO」の中身

会場が赤坂サカスからパシフィコ横浜に移り、イベント自体が有料化したことにより、大きく変わった部分は「音楽コンテンツ」が充実した点だろう。そもそも、赤坂サカスでは音量規制があるし、無料イベントでは何組ものアーティスト(とそのバンド)を呼んだり、会場を音楽ライブのためにセッティングするなど、コストからいっても人手の問題からいっても不可能なことだった。

まず、ミュージックEXPOの出演者を出演順に確認しておくと、初日(2月10日)は「Creepy Nuts(クリーピーナッツ)」「RHYMESTER(ライムスター)」「クレイジーケンバンド」の3組。2日目(2月11日)は「Roselia」「清塚信也」「クリープハイプ」「井上芳雄」「木梨憲武」の5組だ。感じ方は人によるだろうが、個人的に、このラインアップはかなり豪華だと思う。

「例えば、井上芳雄さんのファンの皆さんは、Roseliaを聞いたことがなかったりすると思うんですけど、これを機会に、お互いのファンの雰囲気も含め、知ってもらえればうれしいですね」。TBSラジオの内田さんはこう語る。これこそ、フェスの醍醐味だろう。ラジオエキスポの楽しみ方(1日の過ごし方)を聞いた際、内田さんは「何を見るかという点については、仕掛けている側の自分ですら悩ましいんですけど、例えば1日中、ミュージックEXPOのエリアにいても、十分に楽しめるはずです」と話していた。

  • TBSラジオ「土曜朝6時木梨の会。」

    TBSラジオ「土曜朝6時木梨の会。」(放送時間:毎週土曜6時~7時)でパーソナリティを務める木梨憲武さんは、2019年12月にアルバム「木梨ファンク ザ・ベスト」を発売したばかり。売れ行きは好調な様子だ。木梨憲武さんはミュージックEXPO2日目のトリだが、リスナーなどで構成する選りすぐりのダンサー(?)集団も登場するらしいので、盛り上がること間違いなしだ

大きな会場で音楽イベントをやっているラジオ局といえば、まず頭に浮かぶのがニッポン放送だ。近年でも、同局でパーソナリティを務める福山雅治さんやももいろクローバーZなどのアーティストが、パシフィコ横浜や横浜アリーナといった大箱でライブを行っている。もはや音楽(あるいはミュージシャン)を活用したイベントは、同局の伝統的コンテンツとして確立している感じだ。

一方、近年のTBSラジオは、情報番組やお笑い番組に強い放送局というイメージだった。もちろん、TBSラジオもイベントは開催しているが、例えば南海キャンディーズらが出演する「他力本願ライブ」のように、お笑いがメインのホールイベントが多かった。ところが、最近のTBSラジオは、音楽畑の出演者が充実してきているし、木梨さんもソロでの音楽活動を始めたばかり。TBSラジオが音楽イベントを仕掛ける上では、今が絶好のタイミングといえそうだ。

  • TBSラジオ「アフター6ジャンクション」

    初日にライブを披露するライムスターの宇多丸さんは、TBSラジオで2007年に「ウィークエンド・シャッフル」を始め、現在は「アフター6ジャンクション」(月曜18時~21時 火~金曜日17時50分~21時)でパーソナリティを務めている

コサキン、爆笑問題、たまむすび…超豪華なエンタメEXPO

次に、エンタメEXPOの内容を見ていきたい。会場となるホールC・Dには、A~Cの3つのステージが用意される。レイアウトは、最も大きいステージAがホール奥側にあり、ホール手前の左右に残り2つのステージがあるイメージ。3つのステージでは同時多発的にトークイベントを開催する。「ハライチのターン!」(毎週木曜、24時から)、「たまむすび」(毎週月~金、13時から)、「かまいたちのヘイ!タクシー!」(毎週月曜、21時30分から)など、タイムテーブルはかなりの充実ぶりだ。お笑いと情報番組に強いTBSラジオの面目躍如といった感じである。

初日の注目ステージは、なんといっても「ナイツ×コサキン EXPOスペシャルトーク!」(19時~20時30分)だろう。“コサキン”とは小堺一機さんと関根勤さんのこと。この2人は以前、TBSラジオで伝説的番組「コサキンDEワァオ!」を放送していた。

往年のリスナーには説明するまでもないが、「コサキンDEワァオ!」はコサキンの2人が独特の笑いのセンスで放送していた人気番組だ。随所で繰り広げられるコサキンのモノマネ合戦やコントが面白く、番組内では「馬鹿じゃないの?」や「くだらねー!」といった“褒め言葉”が飛び交っていた。リスナーからのネタも高度に洗練されたものばかりで、“ムックン”こと小堺さんが紹介前のネタに目を通して笑い泣き状態に陥り、しばらく言葉に詰まる場面はもはや恒例になっていた。

TBSラジオは2020年1月3日、「令和に復活 ぼくたち『コサキンDEワァオ!』です、ワァオ!」という番組を放送していたが、「コサキンDEワァオ!」のリスナーだった経験も踏まえて僭越ながら感想をいわせてもらうと、その内容とノリは昔とほとんど変わっていなくて、存分に楽しめた。なので、今回のステージにも大いに期待したいところだ。ちなみに、同ステージに関してTBSラジオの内田さんからは、「当日、何らかの発表があるかもしれないので、お楽しみに」との意味深なメッセージをいただいている。

  • 小堺一機さんと関根勤さん

    「コサキンDEワァオ!」は20年以上も続いた伝説の番組。面白い歌を発掘したり、大物俳優を独自の解釈でネタにしたりといった内容だったが、今でも時々、ふとした瞬間に、「スジですねー!」などというワードを思い出して笑ってしまうことがある

ほかにも、言及しておきたいステージは山ほどあるのだが、そうもいかないので、あと1つだけ。ラジフェスを楽しんできたTBSラジオファンであれば、見逃すわけにはいかないのが「爆笑問題カーボーイ スペシャルステージ」(2月11日、16時から)だ。ステージには「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」(毎週火曜、深夜1時から)と「爆笑問題の日曜サンデー」(毎週日曜、13時から)を担当する爆笑問題のほか、「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」(毎週水曜、深夜1時から)の山里亮太さん(南海キャンディーズ)、「アルコ&ピースD.C.GARAGE」(毎週火曜、24時から)のアルコ&ピース、「うしろシティ星のギガボディ」(毎週水曜、24時から)のうしろシティ、「マイナビラフターナイト 空気階段の踊り場」(毎週金曜、24時30分から)の空気階段が出演する。

TBSラジオのイベントで爆笑問題と山里さんが共演するとなれば、赤メガネの運命に注目しないわけにはいかない。

ちょっと野暮な気もするが経緯を押さえておくと、始まりは2016年のラジフェスだった。そこではバナナマン、おぎやはぎ、山里さんの3組がトークイベントを行っていたのだが、同ステージに突如、爆笑問題の太田光さんが乱入。おもむろに山里さんのメガネをはぎとり、客席に投げ込むという暴挙に出たのだ。その結果、山里さんのメガネは真っ二つに割れてしまう。翌2017年にも太田さんは上記3組のステージに乱入し、全く同様の所業を働いた。

ラジフェスではバナナマン、おぎやはぎ、山里さんの3組が「ヤングJUNK」と名乗り(名乗らされ?)、トークイベントを行っていた。これは、TBSラジオで放送中の深夜番組「JUNK」(月~土、深夜1時~3時)の中で、(相対的に)若いパーソナリティであることからのネーミングだ。JUNKの残りのパーソナリティは伊集院光さん、爆笑問題、エレ片(エレキコミックと片桐仁さん)の3組だが、爆笑問題の太田さんとしては、「爆笑問題と伊集院光は、ヤングじゃないというのか」ということで、ヤングJUNKの面々に対し、多少のわだかまりを持っていたような節がある。その気持ちが、ラジフェスでの暴挙に結び付いたのだろう。

こんな経緯を踏まえておくと、ラジオエキスポの爆笑問題ステージをさらに楽しく見ることができると思う。

  • 因縁の2人が共演する爆笑問題のステージは要チェック。「生」のステージでの暴走っぷりには定評のある太田さんのことだから、当日はどんな事態となるのか、とても楽しみだ

実は最もオトクなエリア? 「こどもエキスポ」とは何か

次は「こどもエキスポ」についてだが、内田さんによれば、同エリアは「ラジオエキスポの中で、実は最もオトクかも」しれないそうだ。

ラジオエキスポの2日目に開催される「こどもエキスポ」は、TBSラジオが親子のおでかけ情報サイト「いこーよ」とのコラボで企画したイベントだ。このエリアと物販およびフードエリアに入れるチケットは1,500円。この金額で、1日遊べる内容になっているそうだ。

会場内には、さまざまな体験型イベントが用意される。その内容は「アナウンサー体験」「プログラミング教室」「YouTuberとの動画制作体験」(40分制、全12種)などバラエティーに富んでいる。このエリアにもステージがあるのだが、そこには、ライブ終わりのアーティストが駆けつけるような仕掛けも用意しているという。

なぜ、このエリアがオトクなのか。内田さんによると、こどもエキスポの各ブースで体験できるプログラムは、通常であれば、1種類あたり2,500円くらいを支払うことで参加できるものであるとのこと。それを、1,500円のチケットを買うことにより、1日で何種類も体験できるのが今回のこどもエキスポなのである。

  • ラジオエキスポのこどもエキスポ

    TBSラジオは「こどもエキスポ」について、「こども達の『やってみたい!』気持ちを応援し、ココロの中の『好奇心の種』や『発見の楽しさの実感』を講師や保護者のみなさんと共に引き出す体験イベントが盛りだくさん」と紹介している

最後に、物販とフードエリアを確認しておきたい。まず、物販には番組関連グッズが並ぶとのこと。まだ詳細は明かされていないが、先日、「たまむすび」が番組特製すごろくを赤坂サカスで無料配布した際には、同時に発売となったクリアファイルが一瞬で売り切れていたので、ラジオファンのグッズ購入熱は相当、高いと見ていい。公式サイトでグッズのラインアップが発表となった際は要チェックだし、欲しいものが見つかったなら早めに物販エリアに足を運ぼう。

フードエリアは「横浜フードEXPO」と銘打ち、開催地となる横浜にゆかりのあるメニューをそろえる。例えば中華街からは「江戸清」という店舗が出店し、中華まんなどを販売するそうだ。フェスのフードエリアよろしく、食べ物とお酒が楽しめるスペースとなる。

横浜の商店街が組織する横浜市商店街総連合会では、「ガチでうまい横浜の商店街○○NO.1決定戦」というイベントを開催している。人気投票でおいしい食べ物を探す企画だ。今回のラジオエキスポには、「ガチあげ!」(あげもののNO.1決定戦)で金賞を獲得した「トリゴコロ」(横浜市港南区)が名物の「白黒からあげ」を、「ガチ丼!」で銀賞を獲得した「そば香」がフワフワの「親子丼」を提供。フードエリアでは、他にも多種多彩なメニューが楽しめるそうだ。

重要情報をゲット! 会場には「椅子」が多数

以上で大体、ラジオエキスポについての紹介は済んだと思う。ここで、今回の取材で手に入れた重要な情報をご提供したい。会場内の「椅子」に関する話だ。

ラジオは幅広い年代のリスナーを抱えるメディアである。もっといえば、ベテランのリスナーがかなり多い。そういったリスナーの中には、フェス型のイベントと聞いて、「行ってみたいけれど、1日中立って見ているのはしんどそう」と参加をためらっている方も、いらっしゃるのではないだろうか。

でも、ご安心いただきたい。ラジオエキスポの会場には、ステージ前も含め、たくさんの椅子があるらしいのだ。大体の数をお伝えすると、ステージAの前にはおよそ800席、Bの前には200席、Cには100席、ミュージックEXPOの方にはなんと、およそ3,000席が用意してあるそう。それ以外にも休める場所は多く、フードエリアにはテーブル席もあるというので、1日いても、足が棒になる心配はないだろう。ステージAと音楽ステージには大型ビジョンがあるので、遠くからでも内容は確認できるはずだ。

どのエリアで何を見るか、それが問題だ

ラジオエキスポをどう楽しむか、どんな順番でどのステージを回るかについては、同局のヘビーリスナーであればあるほど頭を悩ませることになるだろう。見たいステージが重なっている時間帯もある。

1人のリスナーとして計画を立てるのであれば、初日は「ナイツ×コサキン」と物販エリアに充てて、2日目は「オープニング」→「ナイツ プレゼンツ 漫才協会出張ライブ」→「神田松之丞 講談『赤穂義士銘々伝~神崎の詫び証文』ノーカット映像特別上映」(ステージAの大型ビジョン)→「ハライチのターン!」→「2020年、ニュースの論点」(荻上チキさん、武田砂鉄さん、サンキュータツオさんが出演)→「たまむすび」→「エレ片のコント太郎」→「爆笑問題カーボーイ スペシャルステージ」→「グランドエンディング」(エンタメEXPOのエンディングには、その時点でエンタメEXPO会場にいる芸能人が全員集合するとのこと)の順番で回りたい。ただ、これだとミュージックEXPOが全く見られないので、とても悩ましいところではある。

  • TBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」

    講談師・神田松之丞さんは来る2月11日、真打ちに昇進するとともに、大名跡「六代 神田伯山」を襲名することになっている。松之丞さんは親交のある爆笑問題のお2人を襲名披露の席に招きたかったそうだが、爆笑問題がラジオエキスポに出演する関係で、その望みは叶わなかった。その件について松之丞さんは、先日のTBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」(毎週金曜、21時30分から)内で、「なぜ、俺のオファーを待たなかった! まさか、あんなどうでもいいところに(出演するなんて……)」(2019年12月13日放送分にて。ちなみに、同番組の過去放送分は「ラジオクラウド」にて聞き返すことができる)と毒づいていたのだが、ラジオエキスポにVTR出演するところを見ると、松之丞さんのラジオ愛も相当なものなのだろう

それと、ラジオエキスポの模様は、全てではないが、TBSラジオで聴くことができる。初日は「アフター6ジャンクション」の公開生放送となるので、Creepy Nuts、ライムスター、クレイジーケンバンドのライブがラジオで楽しめるはず。2日目の2月11日は、TBSラジオで11時から17時30分までの特番を放送するとのことだ。この特番では、スタジオに宇賀なつみさんや幸坂理加さんといった同局おなじみの出演者が入り、ラジオエキスポ会場と随時、中継をつなぐという。

ここまで、リスナー目線でラジオエキスポの見どころをお伝えしてきたのだが、このイベント、TBSラジオのリスナーではない人でも楽しめるのだろうか。この点について、内田さんは「リスナーさんは絶対に楽しいですし、リスナーじゃなくても普通に楽しめると思います」、野上さんは「出演者の誰かに興味がある人なら、大いに楽しめると思います」と話していた。確かに、ラジオを聞いていなくても、お笑いあるいは音楽が好きな人であれば、これだけの出演者がいるのだから「大いに」楽しめるのは間違いなさそうだ。

ラジオエキスポのポスターには、「エンタメの全て それがラジオエキスポ」という文言がある。その心は、「我々が考えうることは、全て入れました。TBSラジオから発信できることは、全て入っているという感じ」(内田さん)であるという。ラジオならではの「ジャンルごった煮感」が魅力のリアルイベント「ラジオエキスポ」には、リスナーもノンリスナーも楽しませたいというTBSラジオの思いが詰まっている。