「オレンジ流 3DCGアニメーション制作テクニック─MAKING OF BEASTARS(仮)」

板垣巴留原作によるTVアニメ「BEASTARS」のメイキング本が、ビー・エヌ・エヌ新社より3月中旬に発売される。

「BEASTARS」や「宝石の国」などの3DCGアニメを手がけたことで知られるアニメーション制作会社・オレンジ。「オレンジ流 3DCGアニメーション制作テクニック─MAKING OF BEASTARS」という仮タイトルが付けられた本書では、その制作手法が「BEASTARS」のメイキングを通じて明らかにされる。キャラクター設定、3DCGモデル、美術設定、美術ボード、CGアニメーション、VFX表現、フェイシャルキャプチャなどの設定資料を収録。監督を務めた松見真一、CGチーフディレクターでオレンジの代表でもある井野元英二らへのスタッフインタビューも掲載されている。

価格は税込3960円。全国の書店やAmazonでは予約を受け付けている。

(c)板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会