いよいよ明日!100周年を迎えるマツダ│広島の代表的なお土産とコラボレーション

日本を代表するブランドのひとつ、マツダは2020年1月30日に100周年を迎える。創業者である松田重次郎の「モノづくりへの情熱」、そして関東大震災を経験して感じた「国民生活の向上と我が国の発展に貢献したい」という思いから現在のマツダブランドへとつながっていったのだ。

100年を通して、ファミリーカーからスポーツカー、グループCで活躍した787Bなど様々なマツダが誕生している。人々に快適性を与える新しいモデルを生み出すことはさることながら、古き良きモデルを保存していくことも大事にしており、ロードスターのレストアプロジェクト等も積極的に行っている。



そして、100周年を記念し、「マツダ創立100周年記念BOX」が2020年1月30日に発売される。広島の代表的なお土産品である「もみじ饅頭」や「生もみじ」を製造・販売するにしき堂とコラボレーションし、広島のモノづくりを通じて笑顔を届けたい、という思いを込めている。

本商品には、両社のモノづくりのこだわりを感じていただけるさまざまな工夫を施されている。詰合せのもみじ饅頭(こしあん)には、発売から2月29日までの1ヶ月間、にしき堂として初めて広島県産小豆を使用するそうだ。広島県産小豆の使用は、広島県菓子工業組合の取り組みとして始める予定。

また、オリジナル化粧箱には、マツダの歴史を彩るクルマ6台が描かれている。同封されている特製メッセージカードには、化粧箱に描かれている車と「シークレットカー」(1台)のうち、いずれか1台のデザイン画があしらわれ、裏面にその車のストーリーを紹介している。購入者には、化粧箱とデザインを合わせたオリジナル手提げ袋も用意されている。

マツダファンには、この100年を祝してぜひ手に入れていただきたいものだ。

■商品情報
商品名:
「マツダ創立100周年記念BOX」
販売価格:
1100円(税込)
内容:
・マツダの歴史を彩る6台のクルマを描いたオリジナル化粧箱
・生もみじ(こしあん2個、粒あん1個、抹茶1個)
・もみじ饅頭(こしあん1個、粒あん1個、お餅1個、お芋1個)
・特製メッセージカード
・オリジナル手提げ袋

販売期間:
2020年1月30日~2021年1月29日(予定)
販売店舗:
にしき堂 光町本店、直営店、にしき堂オンラインショップなど。
(にしき堂オンラインショップURL https://www.nisikido.net/)