女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の第4話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第4話が、1月29日に放送される。正月休みに乃十阿(小林薫さん)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高さん)。しかし、校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。

 無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師のジーザス富岡(新納慎也さん)の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。

 女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の特Aコースを受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀さん)を取材したケイトは、月謝30万円の特Aコースの受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。早速、黒川(山内圭哉さん)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。一方、編集長の岩谷(佐々木蔵之介さん)とデスクたちの会議で連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。岩谷は、翌日春樹(重岡大毅さん)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させる。

 そんな中、尾高(柄本佑さん)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く。さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石静さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイトはある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。