ブライトリング ナビタイマー新作登場│18Kレッドゴールドでラトラパンテ機能搭載

ブライトリングが最初のモダンなクロノグラフを世に送り出してから85年以上、時計のデザインに与えた影響は計り知れないものがある。新しいナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45は、時計製造の極めて高度な複雑機構によって、ブライトリングが常に革新の最先端にいることを示したのだ。

ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45は、18Kレッドゴールドのケースにブライトリング自社開発製造キャリバーB03を搭載、2つの特許により保護されている独自のスプリットセコンドムーブメント。この革新的な構造は最高の精度、耐久性、信頼性を保証する。

ラトラパンテは時計製造のなかでも最も洗練された複雑機構の1つ。簡単に言えば、中央にクロノグラフの針が2本あり、同時に2つの時間を計測することができるようになっている。この新しいブライトリング ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45のラトラパンテ機能は非常に特別だが、さらに細部への工夫が施された傑作といえるものだ。

ブライトリング ナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45は、技術的な洗練と同様に審美的にも印象深いモデル。大きく大胆な45mm径18Kレッドゴールドのケースに、ストラトスグレーのダイアルが際立つ。インデックスと時針・分針にはスーパールミノバ®蓄光塗料が塗布されており、暗い環境でも暗所における視認性をも保証している。両方向巻き上げ式の回転ベゼルには、ブライトリングのナビタイマーにおなじみの回転計算尺だ。

他にも精巧なディテールが詰め込まれている。通常、ブライトリングのナビタイマーには、クロノグラフ針のベース部分にブライトリングのBをあしらった錨(アンカー)シンボルが施されているが、このモデルではロゴが2つの針に分かれ、絶妙に洗練されているのだ。Bマークはクロノグラフの赤針に、錨のシンボルはスプリットセコンド針についていく。この2つのロゴは、スプリットセコンド針が停止した時に分かれ、2つの針が揃った時に元の形に戻る。3時位置のリューズと共にあるスプリットセコンドプッシャーは、計測中に何度でもスプリットセコンド針を停止・再起動でき、スプリットタイムの計測や競技者数名の結果を比較することができる。

ブライトリング自社開発製造キャリバーB03は、ラ・ショー・ド・フォンにあるクロノメトリーで製造された。COSC公認クロノメーターは、サファイアクリスタル製ケースバックを通してその性能を見ることができ、約70時間のパワーリザーブと5年間の保証を備えている。穴留め式ブラックアリゲーターストラップに18Kレッドゴールドのケースが輝く腕時計である。

ブライトリングは長きにわたり機械式クロノグラフムーブメントの先駆けを務めてきた。新しい18Kレッドゴールドのナビタイマー B03 クロノグラフ ラトラパンテ 45はエキサイティングな機械式腕時計の魅力を伝え、ブランドの格式を誇るものになるだろう。