「ジャンボ宝くじ」の新CMに出演する北島康介さん

 落語家の笑福亭鶴瓶さんと俳優の佐藤健さんが出演する「ジャンボ宝くじ」の新CM「東京2020協賛ジャンボ宝くじ『発表会で宝くじ』」編に、五輪競泳金メダリストの北島康介さんが出演することが1月28日、分かった。新CMは、東京2020大会の開催が決定した際の歓喜のシーンをモチーフにしており、北島さんが「3億円気持ちいい!」と叫ぶ様子が収められている。同日から全国放送。

 新CMでは、2月3日から発売される東京2020公式ライセンス商品「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」(第827回全国自治宝くじ)、「東京2020協賛ジャンボミニ」(第828回全国自治宝くじ)をPRする。

 北島さんのほか、バドミントン元日本代表選手の潮田玲子さん、タレントのSHELLYさんも出演。壇上のプレゼンターが「東京2020協賛ジャンボ」というネーミングを知らせた瞬間、鶴瓶さんは喜びのあまり絶叫し、北島さん、潮田さん、SHELLYさんが喜びを爆発させる姿が収められている。また、周囲の熱狂に圧倒されつつも、笑顔を浮かべる佐藤さんの姿も映し出される。

 インタビューで「もし生まれ変わったら、何の日本代表になってみたい」という質問に佐藤さんは「水泳です。泳げる人の体感って、なかなか想像できないので。走る方はまだ、何となく分かるんですけど、水の中を速く進む人の感覚をちょっと味わってみたいですね」と回答。これに対して鶴瓶さんが「北島さん、めちゃめちゃ速いで」というと、北島さんは「いやあ、もう忘れました。3年半ぐらい、全然泳いでないですから」とコメントしている。

 北島さんは「『東京2020協賛ジャンボ』で1等・前後賞合わせて3億円が当たったら、かなえたい夢は?」という問いに、「いろんな選手にチャンスを与えたいと思うので、選手に大会の賞金を出したいですね。10分の1ぐらい(笑い)」と答え、鶴瓶さんに「少なっ(笑い)」と突っ込まれていた。