フェラーリが2年連続で「世界最強」ブランドに輝く

2019年に新しいマーケットのセグメントを見据えSF90 ストラダーレやFerrari Romaを含む5つのニューモデルを発表したフェラーリ。同社はまた、フェラーリコレクションを推進するために、ジョルジオアルマーニグループと契約を締結するといった企業活動も行っている。

そのフェラーリが国際的な大手ブランド価値評価機関と戦略コンサルティング会社であるブランドファイナンスが発表するBrand Finance Global 500において、2018年に続き2年連続でWorlds Strongest Brandの称号を与えられた。文字通り「世界最強のブランド」として評価機関に認定されたのだ。フェラーリのBrand Strength Index(ブランド力指数:BSI)スコアは100点中94.1点で、フェラーリは最高のAAA+評価となった12ブランドの中でも最強のブランド力を獲得したことになる。

2019年1月22日にダボスで開催された世界経済フォーラムで発表されたBrand Finance Global 500 2020レポートによると、業績のプラス成長と全体的なブランド力によってフェラーリのブランド価値は91億ドルとされ、前年比9%増の成長を遂げた。

ブランドファイナンスのデイヴィッド・ヘイCEOは「ラグジュアリーを体現したフェラーリは世界中で賞賛され、望まれています。そのことが卓越したブランド力に反映されているといえるでしょう。フェラーリの車を一度も所有したことがない多くの消費者が、跳ね馬があしらわれたバッグや時計を欲しがるのも不思議ではありません。しかし会社の経営陣がブランドの未来についてしっかりとハンドルを握り、ライセンスの状況を管理しながらその独占的なポジションを維持することも重要です」とコメントしている。

参考までに、Strongest Brandsの2位はディズニー(スコア93.9点)、3位はWeChat(スコア92.9点)と続いている。