ビリー・アイリッシュ、史上最年少でグラミー主要4部門独占

現地時間2020年1月26日にロサンゼルスのステープルズ・センターで開催されている第62回グラミー賞授賞式で、ビリーアイリッシュが年間最優秀アルバム(『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』)、年間最優秀レコード、年間最優秀楽曲(「bad guy」)、最優秀新人賞と主要4部門を独占。さらに最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムにも輝き、5冠を達成した。ビリーの兄、フィネアスはベスト・エンジニア賞と年間最優秀プロデューサーを受賞している。

昨年3月にリリースしたデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』』は全世界17カ国で1位を獲得。史上最年少でグラミー賞主要4部門(計6部門)にノミネートされるなど全世界で旋風を巻き起こしてきたビリー。彼女は今回のグラミー受賞式で「When the Partys Over」のシンプルなパフォーマンスを披露している

2018年のサマーソニック以来となるビリーの来日公演は、9月2日に横浜アリーナで開催。この快挙によって、ここ日本でもますます注目を集めることになりそうだ。

■ビリーとフィネアスの受賞コメント

ーおめでとうございます。あなたが次に目指しているものは何ですか?

ビリー:次は何かって? 今は分からないわ。私が考えてるのは、今この瞬間を味わうことだけ。でも理性的になって考えてみるけど、次が何になるかは分からない。私がその時にやりたいと感じることをやるだけかな。その時の気分に合わせてやると思う。

ー今回の受賞は、あなた達のファンにとってどんな意味があると思いますか?

ビリー:オーマイゴッド、すごく意味があるといいな。

フィネアス:僕にとって、7~13歳の時に聞いて育った音楽は、僕にとって永遠に最も重要な音楽であり続けてる。だからその年齢の子供達が僕達のところに来て、僕達が彼らが一番好きなアーティストだとか言ってくれる度に、それが彼らにとってどれほど意味があるか、僕には分かるんだ。だから、彼らが今回の受賞を祝ってくれているといいなと思う。今回の結果は彼らのおかげだからね。

ビリー:それから、このアルバムは、私達が育った実家のベッドルームで作ったの。マスターベッドルームとリビングルームでもね。だから、マジで何だって可能だってことなのよ(笑)

ーベッドルームで作っていた時は、アワードのことは考えていないと言っていましたが、あなた方の音楽が人々と強力なコネクションを築いていることは、いつ頃気づかれましたか?

フィネアス:自分が作った曲を発表した時に、一番僕にとって意味があるのは、自分に近い人達の意見なんだよね。僕が最初に気づいたのは、ジェームズ・コーデンが「Bad Guy」を走り回りながら歌っていたのを見た時かな。「オーマイゴッド!みんなが本当に僕達の曲を知ってる、クレイジーだ!」って思った。ちょっと驚きだったよ」

ビリー:私が気づいたのは、沢山の人達に影響を与えていて、「ヤバイ!」って思ったわ。




Photo by Getty Images



ビリー・アイリッシュ来日公演
2020年9月2日(水)横浜アリーナ
OPEN 18:30 / START 19:30
アリーナSS(スタンディング):15,000 円
アリーナS(スタンディング):12,000 円
スタンドS 席:10,500 円
スタンドA 席:9,500 円
※価格は全て税込み
※未就学児(6歳未満)入場不可
公演特設ページ : https://www.billiejapantour2020.com/


WOWOW番組情報
「第62回グラミー賞授賞式」
1月27日(月)よる10:00[WOWOWプライム] ※字幕版
字幕版はWOWOWメンバーズオンデマンドで配信 
https://www.wowow.co.jp/mod/

リピート放送
「第62回グラミー賞授賞式」
3月24日(火)よる10:30[WOWOWライブ] ※字幕版

WOWOWグラミー賞授賞式 特設サイト
https://www.wowow.co.jp/music/grammy/