「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の出演者たち(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 女優の長澤まさみさん主演の映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督、5月1日公開)に追加キャストとして、ビビアン・スーさん、滝藤賢一さん、濱田岳さん、濱田マリさん、デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさんが出演することが1月27日、明らかになった。スーさんは、主人公ダー子(長澤さん)がターゲットとする世界有数の大富豪フウ家の長女、ブリジット・フウ、滝藤さんはフウ家の遺産争いに巻き込まれるホテルの支配人、濱田岳さんは謎の画家ユージーン、濱田マリさんは悪徳詐欺師のヤマンバ、デヴィさんは元某国大統領夫人を演じる。

 「コンフィデンスマンJP」は、2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で放送された連続ドラマで、「プリンセス編」は劇場版第2弾。信用詐欺師のダー子、ボクちゃん(東出昌大さん)、リチャード(小日向文世さん)が、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。2019年5月にスペシャルドラマ「運勢編」が放送。劇場版第1弾「ロマンス編」が同月に公開された。

 「プリンセス編」は、ダー子らが世界有数の大富豪一族・フウ家を次の“オサカナ”に。一家の当主のレイモンドが亡くなり、10兆円の遺産を狙って、史上最大のコンゲームが展開される。フウ家の長男のクリストファー・フウは古川雄大さん、次男のアンドリュー・フウは白濱亜嵐さん、フウ家の執事のトニー・ティンは柴田恭兵さん、レイモンドは北大路欣也さん、ダー子の“子猫”としてチームに新加入する「コックリ」は関水渚さんが演じる。

 「ロマンス編」に登場したスタア(竹内結子さん)、ジェシー(三浦春馬さん)、モナコ(織田梨沙さん)、スペシャルドラマ「運勢編」に登場した韮山波子(広末涼子さん)をはじめ、赤星栄介(江口洋介さん)、城ケ崎善三(石黒賢さん)、鈴木さん(前田敦子さん)、ホー・ナムシェン(生瀬勝久さん)といったシリーズおなじみの面々も「プリンセス編」に登場することが発表された。