ファーブル・ルーバがレッドブル・アイスクロス オフィシャルタイムパートナーに就任

ファーブル・ルーバが、レッドブル・アイスクロス オフィシャルタイムパートナーへ就任した。2月に横浜で行われるアイスクロス世界大会「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ 横浜2020」において、ファーブル・ルーバがタイムキーパーを務めるとともに、「時の王」をコンセプトとする腕時計「レイダー・シーキング」がオフィシャルウォッチとして会場を彩る。

また「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ 横浜2020」に合わせ、関東圏のファーブル・ルーバ正規販売店において関連キャンペーンを開催。「レイダー・シーキング」の展示販売や、期間中はファーブル・ルーバ腕時計の購入特典として「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ 横浜2020」のS席観戦ペアチケット等をプレゼントします。アイスホッケーのプロテクターを付けた恐れ知らずの選手たちが、ヘアピンカーブ / バンクコーナー / 連続バンプ / 段差など……あらゆる障害物をかわし、大きな高低差を持つ全⻑最大約700メートルの氷の特設コースを滑り降りる。競技者の最高時速はなんと、約80km。勝者を決めるルールも至ってシンプルであり、4名が一斉にスタートし、それぞれ上位2名が次に勝ち進むのである。



レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップは、2001年のRed Bull Crashed Iceとしての初開催以来、スリルと興奮を呼ぶ世界有数のウィンタースポーツ・イベントへと進化を果たしてきた。カテゴリーはコースの難易度と獲得できるポイントによってATSX 100, ATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000に分類され、横浜で開催される大会はATSX 1000に該当するトップカテゴリーの大会だ(横浜では18年の日本初上陸以来2度目の開催)。



大会オフィシャルウォッチのレイダー・シーキングは、ファーブル・ルーバの伝統あるレトロフューチャーデザインと、高い実用性を特徴とするモデル。そのコンセプトは「時の王」。ビジネスシーンでも活躍する時計である。

■「レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ 横浜2020」概要
【名称】ATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020
【内容】アイスクロス・ダウンヒル世界選手権 (Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX 1000クラスの大会
【日付】2020年2月15日(土)
OPEN 15:00 / START 18:00 ※ 雨天決行・荒天中止 ※ 予告なく変更になる場合有
【会場】横浜市・臨港パーク特設会場 神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目1-1
【主催】レッドブル・ジャパン株式会社