BiSH 自身最長最大規模のホールツアーファイナルで紅白出場を目指す事を宣言、チッチのMCを使用したアフタームービー公開も

昨年から開催されていた、BiSH“NEW HATEFUL KiND TOUR”が1月22日(水)、23日(木)の2日間に渡りNHKホールで行われ、ファイナルを迎えた。
“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。2019年10月よりスタートし、全国19箇所23公演に及ぶBiSH史上最長最大規模のホールツアー“NEW HATEFUL KiND TOUR”ファイナルを迎えた。全公演バンド編成で開催された同ツアーは、ほぼ全公演がソールドアウトし、ツアーファイナルとなるNHKホール2DAYSも完売となっていた。

LIVEは、幻想的な映像演出から2016年リリースのメジャー1stアルバム『KiLLER BiSH』収録曲でリンリン作詞の『Am I FREANZY??』からスタート。その後も最新シングル『KiND PEOPLE』や『オーケストラ』『DiSTANCE』『GiANT KiLLERS』『MONSTERS』『stereo future』等を次々と披露した。最後は、代表曲『プロミスザスター』で締めくくり、フロアは椅子席のホールライブとは思えない程の大きな盛り上がりをみせた。

アンコールでは『BiSH -星が瞬く夜に-』、アイナ作曲・モモコ作詞による『リズム』を披露した後、セントチヒロ・チッチのMCに。

「BiSHは、このツアーで1つ目標にしていた事がありました。このNHKホールに来る前に紅白に出たかった。でも出れなかった。それがすごく悔しかったです。でも、今年の年末は絶対ここに戻ってきて紅白に出ます!」と、紅白出場を目指す事を宣言。会場を埋め尽くした清掃員(BiSHファンの総称)から大きな拍手と歓声を浴び、最後に『beautifulさ』を披露し、4ヶ月に及んだホールツアーは幕を閉じた。

更に、BiSH公式Twitterでは、チッチのMCが使用されたアフタームービーが公開された。

結成時より、東京ドームでのワンマンを目標に掲げ、横浜アリーナ、幕張メッセ、大阪城ホールと次々に目標を実現してきた。遂に今年、紅白出場を目指す事をはっきりと宣言した2020年のBiSHから目が離せない。