NHK連続テレビ小説「スカーレット」第96回の一場面 (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第16週「熱くなる瞬間」を放送。1月25日の第96回では……。

 喜美子(戸田さん)と八郎(松下洸平さん)の穴窯がついに完成。照子(大島優子さん)ら仲間たちも駆けつけ、お祝いする。そして穴窯で初めての火入れ。試算の結果、目標温度を決めて3日間火を燃やし続けることに決める。喜美子は薪(まき)入れを1人でやるというが、八郎が反対。三津(黒島結菜さん)を含めて3人でやることに。火入れが始まり、喜美子たちは懸命に薪を投げ入れ続けるが、3日を過ぎても目標温度には届かず……。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・滋賀県の信楽を舞台に、女性陶芸家の草分け、川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手がけ、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 第15週「優しさが交差して」では、八郎と三津(黒島結菜さん)の親密さが気になる喜美子が、三津から何気なく八郎のような人を好きになりたいと告げられて動揺。そんなある日、百合子と信作が川原家への結婚のあいさつを計画したところ、直子が突然、帰郷する。直子の妊娠は偽りと分かり……という展開だった。