車種別・最新情報[2020.01.23 UP]


マツダ、軽ハイトワゴン「フレア」を一部改良

ハイブリッド XG

マツダは1月23日、軽ハイトワゴン「フレア」を一部改良し発売した。今回の一部改良では、「ハイブリッド XG」グレードに、新ボディカラー「シフォンアイボリーメタリック(ベージュ内装)」を設定し、ブラック内装のシート表皮を刷新した。安全面では、夜間の歩行者も検知する「デュアルセンサーブレーキサポート」などをセットにした「セーフティパッケージ」に、後退時ブレーキサポート、誤発進抑制機能(後退時)、リヤパーキングセンサーの機能も採用し、一部グレードでメーカーオプションだったのを全車標準装備としたほか、全方位モニター用カメラ(フロント/サイド左右/バック)などをセットにしたメーカーオプション「全方位モニター用カメラパッケージ」には、クルマの周囲を立体的に表示する「3Dビュー機能」、人などを検知して知らせてくれる「左右確認サポート機能」を追加した。さらに、パワートレーンには新開発のR06D型エンジン&CVTを搭載するとともに、マイルドハイブリッドシステムのさらなる効率化により、軽快な走り、優れた燃費性能を実現した。


ハイブリッド XS


ラインナップ・車両本体価格




関連情報


ボディタイプ:軽自動車国産車新車