週刊野球太郎


 2019年も大いに盛り上がったドラフト会議。しかし、近年では大学進学や社会人入りを希望する高校生も増えており、そのような選手は一度、ドラフト戦線からフェイドアウトしてしまうのが実情だ。

 プロ志望届を出さなかったものの、高校野球界を沸かせたスターたちの予定進路をあらためてチェックしてみたい。

◎西舘勇陽(花巻東高→中央大/投手)
 花巻東高の出世番号「17」を背負い、1年時から140キロ台の速球を叩き込んだ「元怪物」。2年時は腰痛に苦しんだが、伸び悩みを脱し、球速150キロに到達。伸び盛りで大学野球に挑む。

◎飯塚脩人(習志野高→早稲田大/投手)
 最速151キロのストレートが光るセンバツ準優勝に大きく貢献した右腕。高い奪三振能力を誇り、侍ジャパンU-18代表ではリリーフエースとして君臨した。

◎熊田任洋(東邦高→早稲田大/遊撃手)
 東邦の4番打者として昨春のセンバツを制し、侍ジャパンU-18代表では全試合に出場した好遊撃手。三拍子揃ったセンスを神宮で爆発させたい。

◎野村健太(山梨学院高→早稲田大/外野手)
 高校通算53本塁打、春のセンバツで2本塁打の実績を誇る「山梨のデスパイネ」も早稲田大に進学。

◎齋藤來音(静岡高→慶應義塾大/外野手)
 走攻守三拍子揃った外野手。シャープで洗練された動きを武器に将来的には「慶應の1番」を目指したい。

◎有馬諒(近江高→関西大/捕手)
 東妻純平(智辯和歌山高/DeNA4位)とともに高校ナンバーワン捕手を争った超強肩捕手は関西アマ球界に残留。昨秋、明治神宮大会準優勝の関西大で「西の横綱」に成り上りたい。

◎清水大成(履正社高→早稲田大/投手)
 キレのあるストレートとスライダーで昨夏、履正社を全国制覇に導いた左腕。早稲田大でも全国優勝に導く好投を見せたい。

◎池田陽佑(智辯和歌山高→立教大/投手)
 昨年ググっと成長し、最速150キロを叩き出した智辯和歌山のエース。立教大進学が有力。

◎廣澤優(日大三高→JFE東日本/投手)
 井上広輝(西武6位)とともにダブルエースとも言われた右腕。193センチの長身から最速148キロのストレートを投げる。今後大化けしても不思議はない体格とポテンシャルの持ち主。

文=落合初春(おちあい・もとはる)