アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のビジュアル(C)山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

 一迅社文庫アイリス(一迅社)のライトノベルが原作のテレビアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」に声優として蒼井翔太さん、柿原徹也さん、鈴木達央さん、松岡禎丞さんが出演することが1月22日、分かった。蒼井さんは金髪碧眼(へきがん)の正統派王子様だが、腹黒なジオルド・スティアート、柿原さんは主人公・カタリナの義理の弟のキース・クラエス、鈴木さんはジオルドの双子の弟のアラン・スティアート、松岡さんは国の宰相であるアスカルト伯爵の子息のニコル・アスカルトをそれぞれ演じる。蒼井さんがエンディングテーマ「BAD END」を担当することも分かった。

 瀬戸麻沙美さんがジオルドの幼少期、雨宮天さんがキースの幼少期、田村睦心さんがアランの幼少期、M・A・Oさんが幼少期のニコルをそれぞれ演じることも発表された。

 蒼井さんは「ジオルドは言わば王道な攻略キャラクターです。ただ、その中にいろいろと策士なところも見え隠れする人物なのでそこを楽しんでいただけたらなと思います。ほかのキャラクターも個性豊かです! お楽しみに!」とコメントを寄せている。

 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」は、山口悟さん作、ひだかなみさんイラストのライトノベル。主人公が、乙女ゲームの悪役令嬢カタリナに転生してしまい、“破滅エンド”を回避するために奔走する姿を描いている。4月からTOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送。

 ◇キャスト(敬称略)

 カタリナ・クラエス:内田真礼▽ジオルド・スティアート:蒼井翔太(幼少期・瀬戸麻沙美)▽キース・クラエス:柿原徹也(幼少期・雨宮天)▽アラン・スティアート:鈴木達央(幼少期・田村睦心)▽ニコル・アスカルト:松岡禎丞(幼少期・M・A・O)