伊藤万理華の初期衝動、「まりっか」から裸の自分へ

乃木坂46を卒業して2年が経った伊藤万理華。「まりっか」の愛称で親しまれた彼女はグループ在籍中からカルチャーアイコンとして活躍。卒業のきっかけとなった展覧会「伊藤万理華の脳内博覧会」(2017年)は、渋谷・福岡・京都の全国3カ所で3万人以上を動員し、卒業後もファッション・アート・カルチャーの領域で活動するのではないかと予感させた。

その後、ファッション誌『装苑』で連載を開始し、映画や舞台を中心に女優の仕事をこなしていく。そして満を持して1月24日 渋谷PARCO GALLERY Xにて、二度目となる展覧会「伊藤万理華EXHIBITION ”HOMESICK”」を開催。今回は彼女のクリエイター、キュレーターとしての観点からクリエイター4人と3ブランドを起用しコラボレーション作品を製作・展示。彼女自身がディレクションに関わったZINEをはじめアパレルグッズなども販売される。

この個展にかける彼女の想いを中心に話を聞いた。

―「HOMESICK」という名前からして今回はコンセプチュアルな内容なんだろうなということが分かります。

乃木坂46を卒業して一人になってからの2年で自分が思ったこと、いま何を伝えたいかということ、それらを一つに絞るとしたら「HOMESICK」というタイトルになると思って。家族、友達、仕事で出会った人たちなど、ざっくり言うとコミュニケーション。自分の中で起きたことを初めて深く掘り下げました。前回の個展は乃木坂46での出来事や学んだことを活かして、二つの側面を出したので。

―二つの側面というのは「アイドルとしての伊藤万理華」と「プライベートの伊藤万理華」ってことですよね。

はい。伊藤万理華の普段の部分、”まりっか”っていうアイドルの部分。どっちもあって自分だったんだよっていうのを証明するための有終の美ではありました。今回はそういうのを全くなしにして、もっともっと人間的な部分で作られたものというか。私は言葉で何かを伝えるのが得意じゃないんですけど、今のタイミングだったら同世代の方とかに、私が思っていることや感じていることを個展という形で伝えられるかもしれないと思って。


Photo by Shun Komiyama

―ZINEも見せてもらいましたけど、これは力入ってますね。どんなものにしたかったんですか?

「HOMESICK」という名前からすると、思い出のアルバムみたいに昔の話や成長過程を載せた、ほっこりしたものになりがちじゃないですか。実際、最初はそういう形になってしまって、かなり修正しました。自分は思い出のアルバムを作るためにZINEをやるのでなくて、それよりも前に進んでいる今の自分を表現したかった。写真の強さをメインにしたZINEですね。個展で展示する物の制作過程を写真で収めて、デザイン画も入れて。ルックブックに近いです。あと漫画も後ろの方に載せてるんですけど、自分が伝えたいパーソナルな部分はここに凝縮してます。あまり感傷に浸ったものにしすぎちゃうと気持ち悪いものになりそうだなと思って、もっとビジュアル的にかっこよく、見てて飽きないものにしたくて、こういう形になりました。


作品づくりは命がけでやるもの

―漫画も強烈な内容です。

私がずっと好きだった椎名うみさんという漫画家さんに描いていただきました。会って話し合って(椎名さんに私のことを)知ってもらった上で「何か作品にできないですか」っていうのを伝えて、こういう形に。この漫画を元にした映像も作ったんですよ。全くの実写ではなく、監督が柳沢翔さんなんですけど、柳沢さんがこの漫画を読んだときにどういう風にインスパイアされて、漫画とは違う物語にするのか、またはそのままやるのかが見てみたかった。映像や漫画に限らず、ファッションもそうですけど、今回の個展はクリエイターさんに委ねたので、その点はけっこう大きいです。

前回は、自分から率先して私服や私物を持ってきて展示物を作って、自分でアートディレクションもして。あとは(乃木坂46の)メンバーの写真も撮ったりしました。でも今回は自分のテーマに沿って、クリエイターの皆さんが何を作るのかっていう新しい試みだったんです。そういうのをいろんなジャンルでやって、それらが同じ空間にあったときにどう感じるのか。その結果、一人になってからの1年半の自分を昇華できるかなと。

―なるほど。

関わってるファッションデザイナーさんやクリエイターの皆さんと対面して何度も何度も打ち合わせして、前回は怒涛のスケジュールだったんですけど、今回は時間をかけて距離を詰めていって出来上がった作品です。

最初に個展をやりたいと思ったきっかけが椎名さんで。椎名さんに会っていろいろ話をしたときに、「椎名さんと柳沢さんと3人で何かやれたら絶対にすごい新しいことができそうだな」と思ったんです。「漫画を作ってそれを実写化したいんです」って話をPARCOの方にして、そこからテーマを決めていって。お母さんと一緒に作ったドレスとこの漫画が、今回の個展では軸になってます。


Photo by Shun Komiyama

―前回より時間があったとはいえ、いろいろ同時進行で進めてたわけですよね。女優として舞台のお仕事もある。そういう点でも大変だったと思うんですけど、実際どうでしたか?

本当に大変でした。個展の制作中に舞台が二回あったんですよ。だからキャパオーバーしちゃったときもあって。でも、それくらい追い込まれた方がいいのかなと思ったり。前回の個展もそうだし、写真集を作ったときもそうだったんですけど、私は自分をかなり追い込んでからじゃないとできないタイプで……。よく「作品をストックしておけば?」とか言われるんですけど、自分の初期衝動で一気にやらないと作品じゃないというか、私の言いたいことが伝わらない気がするし、それくらい命がけでやるものだと思っていて。だから大変でしたね(笑)。その一方で、すごく充実してたっていうのはあります。


ファッションとダンスを融合した理由

―今回の個展では「ファッション×ダンス」を掛け合わせた映像・衣装が展示されますが、ファッションとダンスを融合させようと思った理由は?

ファッションも好きだし、映像も好きだし、踊ることも好きだし……っていう。アイドルを卒業したからといって踊りから離れる必要もないし、今回制作してくれた振付師の菅尾なぎさんさんには、まりっかの映像作品の振り付けを全部やってもらってたんですよ。その時は歌に沿った振りだったんですけど、菅尾さんが私単体で何かやるとしたらどうなるんだろうっていうのはずっと気になってて。そしたらやっぱり今までにない、まりっかのときとは違う見たことないものにはなりました。

―さっき言ってた「お母さんと一緒に作ったドレス」もここに登場するんですよね。

乃木坂46にいた頃、デザイナーの親がいる環境で育って……というイメージが私には常にあって、そのことがきっかけでお仕事の幅が広がったりしたんですけど、仕事絡みで自分から親に頼ることはなかったんです。今回の個展で、「人とコミュニケーションを取る=親とコミュニケーションを取る」ってなったときに、最初に浮かんだ方法が一緒にドレスを作ることだったという。初めて自分からお願いしました。

―お母さん以外だと、BODYSONG.Tanaka DaisukePERMINUTEと3つのファッションブランドとコラボしてます。

BODYSONG.さんは菅尾さんと一緒で、乃木坂46時代に私の衣装を作っていただいてたんですけど、私単体で一着作ってもらったらどうなるんだろう?という興味がずっとあったので、今回このタイミングでお話しさせていただきました。あとPERMINUTEさん、Tanaka Daisukeさんは私が前から気になっていたブランドで。私が思ってることは同じように伝えたんですけど、やっぱり返ってくるものは違うなと思って。それぞれのこだわりがあって面白いなと思いました。


Photo by Shun Komiyama

―伊藤さんの伝えたいことが、写真、漫画、映像、ファッション、ダンスで表現されているのが今回の個展。カルチャーに対して感度が高く、クリエイター気質が強い伊藤さんだからできることですし、それと同時に乃木坂46という看板を背負ってきた伊藤さんだからこそ、社会的にも意味のあることだと僕は思うんです。

そうですね。それは本当に……めっちゃ感じますね。今の自分にできること、伝えられることっていうのが、こういう方法でできるのは今までの活動があったからです。作品はそれぞれ受け取り方が違いますし、こういう表現方法が正解かどうかはわからないけど、私はこういう形で前に進んだんだよ、乗り越えてきたんだよっていうことに、同世代の方はもちろん、たくさんの人たちが何か思ってくれるんじゃないかなと思っていて。


乃木坂46を卒業してからの3年目が新たなスタート

―前回の個展開催時は乃木坂46のファンの方もたくさん来場したと思うんですけど、今回は乃木坂時代を知らない方にも興味を持ってもらえそうじゃないですか。

いや、全然わからなくて……。むしろ、そういう方にはまだ届いてないんじゃないかなって。自分の名前は世間的には全然浸透してないし、乃木坂46って名前がないと知られてない自覚があって。なので、ここに来る方がどういう方たちなのか私も興味がある。(乃木坂46を)卒業して2年経ったけど、この3年目が新たなスタートでもあるのかなってすごく思います。

―さっき初期衝動の話をしてくれましたけど、衝動ってアートにおいて大事なものですからね。そういうのって作品に絶対宿るから。

そうですね。

―そういうのがなくなっちゃったら、別にやらなくてもいいのかもしれないけど。

だから2年間、何もやらなかったんですよ!(笑)。前回の個展の後、アート関連のお話しをいただいても何もしたくないしできません!って本当に受け付けなくて。だからそれ以外のお仕事を一生懸命やってたんです。ただ、どこかで溜め込んでたんでしょうね。自然と私、内に引きこもってしまって。「ああ、これ消化不良だな。何をしたらいいんだろう」ってなったときに、個展なのかなと。だからこの個展が終わったら、またしばらくこういう活動はしない気がします(笑)。

ーもしかしたらまた違うところに火がついて、思いもしなかったことをやる可能性もゼロではないですよね。今も女優をやりつつアートの仕事もしているわけで。

そうですね。自分が何をやるのかもさっぱり……今じゃ想像できなくて。でもそういう自分を好きでいたいし、受け入れるべきだなと思うので。だからどう思われようが勝手だなとは思うんですけど、なるべく自然に身を任せていけたらいいなと。

―最後に個展の内容でもう一つ聞かせてください。フライヤーにBORING AFTERNOON(NIGHT MARKET)って記されてましたけど、ナイトマーケットを個展の会場でやるんですか?

詳細はまだ完全に決まってないんですけど、ナイトマーケットをやりたくて。私、蚤の市とか好きなんです。いろんな作家さんの作品を置いて、自分の空間の中で紹介も兼ねてやれたらいいなって。BORING AFTERNOONの中里(周子)さんは、前からお友達でもあり一緒に作品も作ったことがあって、中里さんにお願いしました。ナイトマーケットは1月31日限定で一夜しかやらないんですけど、今回のコンセプトとはまた違う夜市ができそうな気がします。ヤバいイベントです。ヤバヤバな感じ(笑)。

―(笑)BORING AFTERNOONのYouTubeやInstagramを見ましたが、どんなものになるのか全然予想がつきませんでした。

あの斜め上をいく発想とか、私的には中里さんにけっこう影響受けてる部分があるんです。中里さんは最初、ファッションデザイナーとして出てきたんですけど、今はもうそういうジャンルじゃなくて、YouTubeの番組を作ったり、本当にいろんなことをしていて。そういう存在がこの個展には必要だなと思って、制作中に「ナイトマーケットを一緒にやりませんか」って言ったら、快く「やろう!」って言ってくれました。

―「HOMESICK」の飛び道具的な。

そうです。個展というよりイベントとしても盛り上げられそうな気がします!

スタイリング:神田百実 ヘアメイク:高橋稚奈


<INFORMATION>



伊藤万理華EXHIBITION ”HOMESICK”

2020年1月24日(金)〜2月11日(火・祝)
入場料:一般/500円
「イープラス」で前売券を販売
チケット購入HP
https://eplus.jp/homesick/
営業時間:11:00〜21:00
※最終日は18:00閉場
※入場は閉場時間の30分前まで
会場:GALLERY X(渋谷パルコ地下1階)
主催:PARCO
https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=342