神聖かまってちゃん現体制ラストライブ「思い出ってのはいつもキレイでずりぃな」

2020年1月13日、東京・Zepp DiverCityにて、神聖かまってちゃんの「メランコリー×メランコリー」ツアーを開催した。本公演を以て、ベーシストのちばぎんがバンドを脱退することが発表されており、ファンにとってもメンバーにとっても思い入れの深いライブとなった。

「いつか必ず終わりはやってくる」「だからこそ衝動を爆発させろ」。この日、ライブ冒頭から終演に至るまで、の子(Vo,G)はこうした話をフロアに向けて何度も何度も繰り返し語った。そして、ファンたちは溢れんばかりの熱量でそれに応える。

神聖かまってちゃんが、「メランコリー × メランコリー」ツアー最終公演を1月13日Zepp DiverCityで開催した。この日は、バンドが1つの”終わり”を迎える1日。今回のライブをもって、ベーシストのちばぎんがバンドを脱退するのだ。ツアー開始前から発表されていた通り、彼は2児の父親となったことで、バンドマンとしての生活に区切りをつけることに。ファンたちは並々ならぬ思いで当日を迎えたに違いない。現体制ラストとなる神聖かまってちゃんのパフォーマンスを見届けるべく、会場には多くの観客が詰めかけた。


Photo by 真島洸



ライブは、の子によるMCからスタート。「いつだって終わりはくる。人生でもなんでも。今日は神聖かまってちゃんとして1つの終わりが来る。だからお前ら、その終わりの終わりまで、叫べ、動け! 衝動をくれよ、俺に。別に歌わなくたっていい。垂直立ちでも、体育座りでもなんでもいい。その衝動をくれ! 全部感じ取ってやるから」

ただでさえ特別なライブである。ライブ開始直後からこんな言葉を受けて、フロアが熱を帯びないわけがない。オーディエンスが大きな歓声で応えると、そのまま1曲目として、バンド初期の楽曲「怒鳴るゆめ」の演奏が始まった。ライブ終盤のMCによれば、この日のセットリストは全てちばぎんが考え抜いてセレクトしたもの。当初メンバーに提案していた案では、「怒鳴るゆめ」をラストに据えていたらしく、彼にとってかなり重要な曲であることが伺える。そのことについての子から質問を受けると、ちばぎんは「monoくんから『幼稚園で一緒だった大島ってやつと今度バンド組むことになったんだ。そいつが作った音源なんだよ』と話があって、初めて聴かされた曲が『怒鳴るゆめ』だった」というバンド加入前のエピソードを明かしていた。


Photo by 真島洸

2曲目に演奏されたのは、1月8日にリリースされたばかりの新アルバム『児童カルテ』収録曲「るるちゃんの自殺配信」。サビでややテンポを上げるダイナミックなバンドサウンドに合わせて、観客は大きく手を上げて盛り上げる。そのあとは、「ゆーれいみマン」「日々カルチャア」とアップテンポなナンバーを披露。オレンジ色のライトでステージが照らされた「夕暮れの鳥」では、観客たちがメロディアスな楽曲にゆったりと耳を傾けていたが、バンドは「夕暮れメモライザ」「毎日がニュース」「肉魔法」といった楽曲を立て続けてアグレッシブにパフォーマンス。長年活動してきたメンバーが脱退する、そんな感傷に浸らせる気は一切ないようだ。



とはいえ、ふとした場面で急に寂しさを感じさせられたりもする。例えば、途中のMCで、の子、mono、みさこの3人が噛み合っているようで噛み合わないトークを繰り広げるなか、その光景を見たちばぎんが「かまってちゃんだなー」とつぶやいた場面。何気ない一言だが、思わずグッとくるものがあった。


Photo by 真島洸

荘厳なシンセサウンドが響く「おやすみ」から、ライブは雰囲気をガラリと一変。トランシーなインスト曲「夜空の虫とどこまでも」では、レーザービームやミラーボールを使った派手な演出で観客を陶酔させる。monoがMVでも着用したシカの被り物をして踊った「Girl2」や「バグったのーみそ」、「塔を登るネコ」など、デジタルなダンスチューンで客席の高揚感を煽り続けた。そして、ライブ本編ラストに披露されたのは「2年」。の子が弾き語りで1番を歌いきると、2番から力強いバンド演奏へ。〈2年後に2年前の今の僕らを 笑い飛ばせるように〉という歌詞が琴線に触れる。演奏を終えると、ちばぎんが「最後の曲でした」と告げ、メンバーはステージをあとにした。

客席からはアンコールならぬ「ちばぎん」コールが巻き起こる。メンバーが再登場するまでやや時間があったのだが、登場を待ち望む声は一切止むことはなかった。そんなファンの熱い思いをよそに、ステージに現れたの子は「主人公は俺だ!」と譲らない。ちばぎんがファンに向けて、「ライブがすごい好きで……」などと話をしようとすれば、必ず間に割って入り、話を止めてしまう。それを受けて、「めっちゃ入ってくるじゃん!」などとツッコミを入れていたちばぎんだったが、次第に心が折れたようで「なんかもういいや! やっぱ神聖かまってちゃんが一番かっこいいなって、お前らが見せてくれよ!」とファンを煽った。



アンコールでのハイライトの1つは、神聖かまってちゃんの代表曲「ロックンロールは鳴り止まないっ」が演奏された場面だろう。フロア後方の観客たちまでもが手を挙げ、飛び跳ね、会場全体がカオスな熱気に包まれていた。だが、ライブはまだ終わらない。再びアンコールを求めるファンの声に応え、ダブルアンコールが行われる。ライブ終盤にも関わらず、の子はマイクを離さずスピーチを続ける。ここで話していたのも、やはりライブ冒頭で力強く語っていたように、「いつか必ず終わりはやってくる」「だからこそ衝動を爆発させろ」といった内容だ。


Photo by 真島洸

の子は「ちばぎんみたいに金がないけど幸せを手に入れた人。monoくんみたいに離婚して地獄に落ちた人もいる。でも、どんだけ成功しても失敗しても、死は平等にやってくるから。お客さんの中で、本当は今日いたはずの人もいたと思う。俺もファンの中で死んだやつを何人か知っているけど、人生はすぐ終わるんだよ。だから衝動とか魂みたいなものをバーストさせるんだよ! 死ぬ前に『あれをやっておけばよかった』とかって絶対に絶対に思うんだよ。悔いが少しでも残るから、だから今やるんだよ!!」と熱く叫ぶ。そのままラストソングのタイトルコールをちばぎんに促し、「23才の夏休み」の演奏が始まる。

ここからの展開は忘れられない。演奏の途中で、の子が観客に歌を任せると、カードファイルのようなものを手にステージ中央へ。そこにちばぎんも呼びつけて、演奏が続くなか叫ぶようにして話す。「俺は家で探したよ。幼稚園の頃に、ちばぎん家でやったお誕生日会でパクったキラカード。確かパクったのは『キングガンダムⅠ世』のキラカード。でも、なかったー!! だけど、もう1枚お前からパクったのがあったー!!」と、幼稚園時代のエピソードに触れ、ちばぎんのお誕生日会でビンゴゲームが行われている間に、の子がちばぎんの部屋に忍び込んで、キラカードを2枚盗んでいたことを初告白した。「ふっざけんなよ! お前マジで。2枚もパクったの!?」とちばぎん。


Photo by 真島洸

「その残り1枚が見つかりましたー!! 『ギガサラマンダー』のキラカード。あと、『キングガンダムⅠ世』のカードは見つからなかったから、『バーサル騎士ガンダム』でどうだ? こっちの方がレアだから」と約30年越しにキラカードを返却。「23才の夏休み」の〈君が僕にくれたあのキラカード その背中に貼り付けてやるよ〉という歌詞通り、ベースストラップの形に汗がにじんだちばぎんの背中に、の子がキラカードを勢いよく貼り付ける。そのままの子は、「今ちばぎんの背中に、俺が昔ちばぎんから授かった熱い魂を返した―!!」と大声で叫んだ。腕で目を抑えて涙を流すちばぎんは、「泣いてんじゃねぇよ。ダイブしろ!」との子から促され、メガネを放り投げて、フロアにダイブ。続けて、の子もフロアに飛び込み、感動的な雰囲気のなか「23才の夏休み」の演奏を終えた。



これでライブはフィナーレ…… と思いきや、の子はまだまだライブを終わらせない。観客たちに「怒鳴るゆめ」を歌わせると、そのアカペラに乗せて自然な流れでバンド演奏も加わった。ようやく音が止まると、の子は「思い出ってのはいつもキレイでずりぃな」と一言。10年以上に及ぶバンド活動での苦しみ、それを経た今のすがすがしさ。この一言にあるゆる感情が詰まっているように思えて、とても美しく耳に響いた。ここからも、長々と話を続けたり、「怒鳴るゆめ」のコーラスを何度も観客に促したりと、相変わらずステージはの子の独断場だ。とはいえその行動は、終わってしまうことを惜しむかのようで、ライブを1秒でも長く続けたいという気持ちの表れのようにも思えた。

最後にちばぎんは、「言いたいことがある」と話を切り出し、ファンやスタッフに向けて涙ながらに感謝を告げる。ややしんみりとした空気が流れると、の子は「何をしんみりしてんだよ。叫べや! 精神を解放しろ! 奥さんにも毎日愛してると言え!」と一喝。最後は「いっせーのせ」でメンバー、ファンともに「イェー!!」と絶叫し、メンバーはステージをあとに。の子、mono、ちばぎん、みさこ。この4人による神聖かまってちゃんのステージは、ついに終わりを迎えた。


Photo by 真島洸

神聖かまってちゃんは、これからどのように活動していくのだろうか? 年始に発表された「マニフェスト2020」の中では、「いっぱいフェスに出たい」「音源出したい」といった目標を掲げており、これからも精力的に活動していく意思表示のように見える。大きな節目を迎えたバンドが、新しい一歩をどのように踏み出すのか。ぜひ注目していきたい。


<ライブ情報>

神聖かまってちゃん
「メランコリー×メランコリー」ツアー
2020年1月13日(月・祝)東京・Zepp DiverCity

=セットリスト=
1. 怒鳴るゆめ
2. るるちゃんの自殺配信
3. ゆーれいみマン
4. 日々カルチャア
5. 夕暮れの鳥
6. 映画
7. 夕暮れメモライザ
8. 毎日がニュース
9. レッツゴー武道館っ!
10. 肉魔法
11. おやすみ
12. 夜空の虫とどこまでも
13. Girl2
14. バグったのーみそ
15. 塔を登るネコ
16. ぺんてる
17. 2年

アンコール
18. 天文学的なその数から
19. ロックンロールは鳴り止まないっ
20. フロントメモリー

ダブルアンコール
21. 23才の夏休み ~ 怒鳴るゆめ