タイの首都バンコクは長年ひどい交通渋滞に苦しめられています。経済損失や地球温暖化の原因ともなっている渋滞をどうしたら減らせるでしょうか。
 SDGsリレーブログ第5弾は、不快な移動をいかに快適なものにするのかという視点で、この問題に挑んでいる研究者たちの取り組みを紹介します。国連の持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「住み続けられるまちづくりを」に着目して取材しました。SDGsの理念である「誰一人取り残さない」につながる取り組みです。(科学コミュニケーター松島聡子)

20200120 matsushima_01.jpg

取り組みに関するゴール(SDGs 11番)とSDGsの理念


目的地到着時刻は予測不能!?

 都市圏人口1600万人1にもおよぶ世界有数の大都市バンコク。その中心部を東西に走るスクンビット通りは大型ショッピングモールや高層オフィスビルが立ち並ぶ、東京でいえば新宿のようなエリアだ。片側5車線の広い通りにもかかわらず、一日中見わたすかぎりの車やバイクがひしめいている。
この渋滞がバンコクの人々から時間を奪っている。

20200120 matsushima_02.jpg

バンコクの交通渋滞、スクンビット通りと交差するアソーク通りを撮影 (写真提供:SATREPS)

 「もし渋滞がなければ1時間もかからないところなのに、2~3時間かかることもあります。到着時間の予想を立てるのがとても難しいので、ショッピングに行っても友達と待ち合わせをすることができません」タイ出身で中部大学持続発展・スマートシティ国際研究センター博士課程1年生のアチャリヤヴィリヤ・ウィットサルートさんはこう話す。
中心部のオフィスや学校に通う人々は、遅刻をしないために朝5時前に家を出発する人も少なくないそうだ。

 バンコクで渋滞が問題になり始めたのは今から40年ほど前。高度経済成長にともない豊かになった人々は、タイ政府にも後押しされてマイカーをきそって所有するようなり、渋滞は深刻さを増してきた。
タイの人々も何もせずにただ傍観してきたわけではない。スクンビット通り沿いにも高架鉄道や地下鉄が走るなど公共交通は整備されてきたが、未だ市内のあちこちで慢性的な渋滞が発生している。
 タイの経済研究所によると、こうした交通渋滞によって人の往来や物流が阻害されることによって、タイ経済全体では年間1600億円もの経済的損失をもたらしているという。また、渋滞によって1日当たり1億5000万円分もの燃料がむだになっており、大気汚染だけでなく、地球温暖化も加速させている。


情報技術で交通渋滞を解消するには

 科学技術振興機構(JST)や国際協力機構(JICA)などが共同で実施している研究プロジェクト「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」では、中部大学持続発展・スマートシティ国際研究センター長の林良嗣教授らが2018年からバンコクの渋滞解消に取り組んでいる。

 解決策を探るためにまず取り組んでいるのが、デジタル空間に渋滞を再現することだ。 プロジェクトチームの中部大学国際GISセンター長の福井弘道教授は「3次元の実空間をデジタル空間にコピーすることができれば渋滞の特性や要因をつかむことができ、デジタル空間の中でシミュレーションをすることで有効な解決策を探ることができるのです」と話す。

 道路や建物、リアルタイムに変化する車や人の流れをデジタル空間に作り上げるために、様々なセンサーを使って実空間のデータを集めている。360度カメラを搭載した車を走らせることで得られた画像データは、画像認識技術でほぼ100%正確に看板や標識、横断歩道を選び出すことができているという。

 デジタル空間で渋滞が再現できると応用の幅は広がる。スマートフォンなどで使うアプリケーションの実用化だ。留学生のウィットサルートさんは、現在プロジェクトで思い描いている、ユーザーに目的地までの快適な移動方法を提案してくれるアプリについて話してくれた。
 「例えば、朝起きて1日のスケジュールをアプリに伝えます。そうするとアプリは何時に出発して何に乗ればいいのか、あなたにとって快適なプランを提案してくれます。提案されたプランは、デジタル空間でスムーズな交通となるように人々が移動を開始する時刻を制御しているため、渋滞を抑制し環境への負荷も低いものになるはずです。」

 ただし、バンコクならではの課題として、2km四方くらいの街区の中のソイと呼ばれる路地が多数存在する。幹線道路から無数に枝分かれするソイは、行き止まりになっていることが多く、一度車両が入り込むとUターンをしてこなければならない。これが交通の流れを悪くして、渋滞の一因となっていると考えられている。

 そこでプロジェクトでは、1~2人乗りの小型モビリティの普及も同時に目指している。「バンコクを走る車の多くは、4~5人乗りの自動車であるにも関わらず、実際に乗っている人数は1人か2人です。車のサイズを減少させることができれば渋滞は解消の方向に進むでしょう」と林教授は話す。


人々のハピネス実現に向けて~no one will be left behind

 ソフトやハードで渋滞を解消するだけではない。プロジェクトが重視するのは、すべての人々にとっての「移動の快適さ」だ。通常このようなプロジェクトの評価をする際には、"通勤時間が減った分の労働時間が増加することによって、どれほどの経済効果を生むか"という分析が行われる。しかし、林教授は働いている人・働いていない人のどちらにとっても価値のある評価でなければならないという想いから、「移動のQOL」という概念を提唱している。日本ではQOL(生活の質)というと、医療や福祉の場で使われることが多いが、男女、老若、所得などの属性の異なる個々人の移動にともなう幸福感や充足感、快適さなどを定量化しようという試みだ。

 ただし快適さの基準は、人それぞれ、その時々によって変わってくる。例えば、時間がかからないこと、お金がかからないこと、景観が美しいこと、安全性が高いこと、乗り物を降りてから歩く距離、空調が快適であること、移動中の揺れが少ないことなどが挙げられる。ウィットサルートさんは「難しいのは、快適さ、QOLという人によって異なる感覚を、どのように測るのかということです」という。 

 そこでプロジェクトでは、「移動のQOL」を評価する方法を開発中だ。様々な交通の場面を撮影した動画を一般の人に見てもらい、快適さについて1~5点の評価をつけてもらう。同時に、顔認証カメラで表情のデータ、スマートウォッチから脈拍のデータを取得する。これらのデータをAIに学習させることで、AIはこの場面で人は不快な表情をする・ストレスを感じた脈拍となるということを判断できるようになるという。


20200120 matsushima_03.jpg

交通の場面を見ながら顔認証カメラで表情のデータを取得

 林教授は「誰一人取り残さない、というのはSDGsの最も重要な特徴です。様々な属性の個人の「移動のQOL」を評価することによって、私たちはちゃんと誰一人取り残すことなく幸福になれているのかどうかを確認することができます」と強調する。

 その実現のため、プロジェクトは、交通や人工知能など多様な分野の研究者に加えて、地元の行政機関や鉄道・タクシー会社など大勢の人を巻き込んで進められている。2023年に現地政府への提言としてまとめる予定だ。


 後編では、タイタマサート大学からの留学生、ウィットサルートさんとのインタビュー内容を掲載する。


参考文献

1)Demographia World Urban Areas



Author
執筆: 松島 聡子(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
気づいた時には、化学が好きになっていました。大学院まで学んできた化学で社会に貢献したいと考え、メーカーに就職。その一方で、科学技術の目まぐるしい発展に、希望と不安を抱くようになりました。「地球の未来について本気で考えてみたい!」と思い、2018年10月より未来館へ。