山田裕貴が、1月24日(金)の朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合、毎週月~金曜8:15~)のプレミアムトークゲストとして出演する。

同番組は、博多華丸・大吉、近江友里恵アナウンサーがキャスターを務め、生活実用情報はもちろん、社会問題や政治などのジャーナルなテーマからエンターテインメントまで、視聴者が一番気になるテーマを毎日ピックアップ。それを、徹底的な取材でとことん掘り下げて伝えていく生放送番組。

『連続テレビ小説 なつぞら』の雪次郎役も好評だった山田だが、その後も出演作がめじろ押し。最新映画は『嘘八百 京町ロワイヤル』。「演技に見えない演技」を理想としているという山田だが、中井貴一、佐々木蔵之介など尊敬する大先輩との共演で何を感じたのか? 

小・中学校では野球に夢中、プロ野球選手を夢みていたが限界を感じ、高校卒業後に俳優養成所に入った。明るい愛されキャラで知られるが、実は、たたき上げ。セリフのないエキストラや、舞台セットの設営の裏方仕事など、一歩一歩経験を積み上げていく中で悔しい思いもしたという。そんな経験から、今、山田が現場で実践していることとは? 

仕事から離れたプライベートの素顔は「熱くて、ちょっと変」!?『なつぞら』で共演した吉沢亮や、事務所の先輩俳優から暴露証言がてんこ盛り。自分のことを「めんどくさいヤツなんですよ」と語る“山田裕貴の真相”に迫る。