「モーニング娘。’20」のトリプルA面シングル「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」の発売記念イベントの様子

 アイドルグループ「モーニング娘。’20」の通算68枚目となるトリプルA面シングル「KOKORO&KARADA/LOVEペディア/人間関係No way way」(1月22日発売)の発売記念イベントが1月21日、東京・マイナビBLITZ赤坂で開催された。同シングルは、前作から約7カ月ぶり、15期の新メンバー3人の本格加入以降初のシングルとなる。イベント前の会見では、リーダーの譜久村聖さんがニューシングルについて「かっこいい、ラブリー、ファンキーな3曲が入りました」とアピールした。

 ニューシングルは、つんく♂さんの作詞・作曲による「KOKORO&KARADA」、同じメロディーに全く異なるアレンジ、歌詞、歌割り、ダンスを組み合わせるという「モーニング娘。」初の試みがなされた「LOVEペディア」と「人間関係No way way」の3曲のトリプルA面。譜久村さんは、「LOVEペディア」と「人間関係No way way」について「最初の頃は2曲続けてやると振り付けが混ざりそうになることもありました。ファンの方にどんな反応をしていただけるかと思っていたんですが、すごく盛り上がる曲になっています」と語った。

 15期の新メンバーである北川莉央さん、岡村ほまれさん、山崎愛生(めい)さんは、ニューシングルで初のミュージックビデオ撮影に挑んだといい、撮影エピソードが明かされた。北川さんとのシーンがあった生田衣梨奈さんが「(北川さんが)撮影が終わったあとに15期の仲間のところへ走っていって『肌がすべすべだった』って言っていたので、本当はすごい度胸がある子だと思います」と話すと、北川さんは「緊張してたんですけど、それは置いといてすべすべだったので……」と素朴な感想で場を和ませた。

 マイクを手にするとコメントが長くなる岡村さんを石田亜佑美さんが「まだ(加入して)半年なので……」とフォローする場面や、野中美希さんが山崎さんに「つい何か買ってあげたくなる。この前は(好物の)ふりかけを買っちゃいました」とエピソードを明かす場面もあり、小田さくらさんは「先輩メンバーが甘くなりました」とコメント。譜久村さんは「お母さん状態になっちゃってるメンバーが複数いるので、ちょっともしかしたら危機かもしれないですね。ゆるゆるにならないように、モーニング娘。らしく厳しいところは厳しくいきたいなと思います」と語っていた。

 イベントでは、ニューシングル収録の3曲と「One・Two・Three」「浪漫 ~MY DEAR BOY~」を披露し、会場を盛り上げた。