連続ドラマ「10の秘密」第2話のワンシーン(C)カンテレ

 俳優の向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が1月21日に放送される。第2話の副題は「娘の誘拐…危険な救出劇で迫る黒幕!元妻が事件の全貌告白」。予告映像では、「誘拐事件の黒幕は?」というテロップと共に、白河圭太(向井さん)が「おまえだろ! 瞳(山田杏奈さん)を誘拐したのは!」と語るシーンなどが収められている。

 圭太は、何者かに瞳が誘拐されたのをきっかけに、元妻の由貴子(仲間由紀恵さん)のセレブ生活がすべて偽物で、多額の借金を抱えていることを知った。その後、圭太は由貴子と連絡を取ることができ、瞳が誘拐されたことを明かす。すると由貴子は「自分に任せてほしい」と圭太を諭すのだった。しかし圭太は、由貴子がただならぬ事態に巻き込まれていると察知し、「10年前の、あの秘密と関係があるのか?」と、圭太と由貴子が秘密にしてきた過去こそが、事件の発端なのではないかと問う。そんな折、同じく由貴子を捜していた帝東建設の経営戦略室室長の宇都宮竜二(渡部篤郎さん)が現れ、由貴子は動揺し、逃げ出してしまう。

 圭太は、瞳が以前、夜の繁華街にいたことが分かり、自分の知らない娘の顔をまた一つ知る。さらに、幼なじみの石川菜七子(仲里依紗さん)から、誘拐された当日、瞳はピアニストの伊達翼(松村北斗さん)と会う約束をしていたと聞かされる。瞳の誘拐に翼が関係しているとにらんだ圭太は、翼を見つけ出すため、菜七子の証言をもとに繁華街で聞き込みを開始。ジャズバーでピアノを弾く翼を発見するが……というストーリー。

 「10の秘密」は、連続ドラマ「嘘の戦争」「銭の戦争」、「チーム・バチスタ」(いずれもカンテレ・フジテレビ系)シリーズなどを手がけた後藤法子さんのオリジナル脚本。シングルファーザーの圭太が一人娘の瞳を誘拐されたのを発端に、元妻の由貴子たち登場人物のさまざまな秘密が明らかにされ、次々に事件が巻き起こるサスペンス。