『ヒロアカ』トークステージイベントレポート/山下大輝&津田健次郎が「ヒーローインターン編」を語る!

1月11日(土)にユナイテッドシネマ アクアシティ台場にて開催された、現在TVアニメ第4期シリーズが放送中の『僕のヒーローアカデミア』の「ヒーローインターン編クライマックススペシャル上映&トークイベント」。TVアニメ第4期の中でも原作ファンから放送を待望されていたエピソードをTVアニメ放送にあわせリアルタイムで上映したほか、その回でついに決着を迎えた主人公・緑谷出久”デク”と、第4期での宿敵・治崎廻”オーバーホール”をそれぞれ演じた山下大輝さんと津田健次郎さんをゲストに迎えたトークステージ「ヒーローインターン編」も行われた。

原作者の堀越耕平も「ある意味ヒロアカの最終回」と語る超大作、劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』も大ヒットを記録する中で行われた本イベントは、開催の前週、1月4日に放送された第75話「見えない希望」の上映から幕を開けた。物語のカギを握る少女で、死穢八斎會の若頭オーバーホールの計画に利用されている壊理(エリ)を救い出さんとするデクとプロヒーローのサー・ナイトアイらの迫力の闘いが描かれた。

上映後には、本日のゲストの山下大輝さんと、津田健次郎さんが登壇し、大きな拍手で迎えられた。ヒロアカ史上、最も長いエピソードになった「ヒーローインターン編」についての感想を山下さんに尋ねると、「これまでのシリーズでは、ここまで命と隣あわせになるような状況が無かった。心をえぐられるような生々しさや衝撃的な展開があり、これまでと違う雰囲気がありました。」とコメント。
また、死穢八斎會を束ねるオーバーホールについて津田さんは「とても知性があり、凶暴なところだけでは無いところを強調するキャラクターとして演じました。」と、その役作りについて語った。

続いてトークは、2019年末から2020年初めに展開した「ヒーローインターン編クライマックス」のエピソードについて。
通形ミリオがオーバーホールと対峙する第74話「ルミリオン」について、津田さんはミリオ役の新垣樽助さんとのアフレコを振り返り、「とても緊張感のある現場でした。光と闇の対決をしっかりと出していけたらと思い、熱量を持ってしっかりと演じました。」とコメント。


>>>『ヒロアカ』トークステージに登壇した山下大輝&津田健次郎


続いて、上映されたばかりの第75話のアフレコについて訊かれると、部下と融合し、鬼気迫る恐ろしい姿で襲い掛かってくるオーバーホールについて、津田さんは「端から見るととても怖いですよね。目的のためには手段を択ばない、すごい執念を見せようと収録に臨みました」、山下さんは「ひとつでも選択肢を間違えると死んでしまうような、崖っぷちのような状況。演じていてとてもヒリヒリした心に迫る感じがありました。」と収録の感想を語った。
さらに、その第75話から、デクとオーバーホールのセリフをふたりが生披露すると、会場からは感嘆の声が上がった。

そして、TVリアルタイム放送に合わせて第76話「無限100%」を上映。エリを自身の手に取り戻すため、「分解・再生」の”個性”を駆使して部下と融合、恐るべき姿と力でデクに襲い掛かるオーバーホール。エリを絶対に救けると誓ったデクは、”個性”ワン・フォー・オールを全開にして、オーバーホールに挑む。デクVSオーバーホールのクライマックスバトルが大画面で展開した。

上映後には、再び山下さんと津田さんが登壇。”個性”ワン・フォー・オールを100%出し切ったデクを演じた山下さんは、「アフレコはだいぶ前だったのですが、時間をかけて、丁寧に作り上げられたすさまじい映像でした。」とその映像のクオリティを絶賛。「まさに、この大きなスクリーンで上映するのに相応しい出来上がりです。」とその完成度について自信たっぷりに答えた。

津田さんは、「変化球無しの直球な戦いを演じられることが出来ました。ヒロアカは熱いキャラクターが多い中、オーバーホールはクールなキャラクターなのでそこまで叫ぶことはなかったのですが、最後にようやく自分の感情を爆発させられた。演じていてとても楽しかったです。」と答えた。

デクもエリちゃんを救けるために自分の身体を壊すことも厭わないデクを山下さんは「ヒーローではあるけど、そういった点はすごくクレイジー」と語り、津田さんは「オーバーホールも手段を択ばないイカれた男ではあるから、イカレた男同士のバトルでもありました(苦笑)」と返した。

最高潮の盛り上がりを見せた「ヒーローインターン編」もエピローグを迎え、1月25日(土)からは新章として”文化祭編”がスタートとなる。ヒーローインターン編とはまったく雰囲気の異なる物語となることから、いったいどんなアニメーションになるのか、山下さんと津田さん共に期待を膨らませた。

続いて、観客動員数が100万人を突破し大ヒット上映中の劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』のコーナーへ。
反響を聞かれた山下さんは「観た人が皆、面白かったと言ってくれています。別の現場の方なんかも「見たよ~」と言ってくれたり。少年少女から大人まで、幅広い年齢の方が観てくれていて、僕としてもすごくうれしいです。」とコメント。

実際に作品を観たという津田さんも「すごく面白かった。デクたちだけじゃなく、雄英高校ヒーロー科1年A組全員が頑張っていて、それぞれが”個性”を活かした描写も面白くて。ほんとうに、なんで俺が出ていないのか……!」と悔しがる素振りを見せると、会場から大きな笑いが漏れた。

クライマックスの場面カットも特別に公開され、山下さんは熱いバトルシーンを振り返り、「今回の劇場版もやり切った! という思いです。」と感慨深く感想を語った。
劇場版は、1月24日(金)より4D上映がスタートすることも発表され、会場からも期待の歓声が巻きおこった。

イベントの最後には、お二人からメッセージが贈られた。津田さんは、「今日は会場にお越しくださりありがとうございました。ヒロアカへの参加が決まる前は、別の現場でヒロアカに出演しているキャストさんから「今日ヒロアカの収録なんだ」とか言われて「楽しそうだなーいいなー」って思ったりしていたんですが、そうしたらオーバーホール役として出演できることになって、「やった! これで俺もヒロアカの人だ!」って嬉しかったです(笑)。
すごく面白い役を演じさせていただいて、今日放送回のバトルまで、最後までやり切った感があります。今でも体の中に熱いものが残っていて、本当に出演できてよかったと感じています。オーバーホールを応援してくださいましてありがとうございました!」とメッセージ。

山下さんは「本日はありがとうございました! 皆さんと一緒の空間でこの第76話「無限100%」を共有できて、そして津田さんと一緒に熱いトークをお届けできたことがうれしかったです。ヒロアカは、一歩踏み出してみたい、背中を押してほしい、そんなときに勇気をもらえる作品だと思います。たくさんの方にヒロアカをずっと見てほしいと願っていますので、これからも一緒にプルスウルトラ(更に向こうへ)で盛り上げていきましょう!」と挨拶し、最後は恒例の「更に向こうへ! プルスウルトラ!」の掛け声でイベントは締めくくられた。

(C)2019『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』製作委員会 (C)堀越耕平/集英社
◆『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第4期 放送情報
毎週土曜17:30〜
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて放送中
※一部地域を除く

配信情報:2019年11月1日(金)よりHuluにて先行独占配信スタート

<スタッフ>
原作:堀越耕平(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
総監督:長崎健司
監督:向井雅浩
シリーズ構成・脚本:黒田洋介(スタジオオルフェ)
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
オープニングテーマ:『ポラリス』BLUE ENCOUNT
エンディングテーマ:『航海の唄』さユり

<キャスト>
緑谷出久:山下大輝、通形ミリオ:新垣樽助、爆豪勝己:岡本信彦、麗日お茶子:佐倉綾音、飯田天哉:石川界人、轟焦凍:梶裕貴、切島鋭児郎:増田俊樹、蛙吹梅雨:悠木碧、八百万百:井上麻里奈、天喰環:上村祐翔、波動ねじれ:安野希世乃、オールマイト:三宅健太 、サー・ナイトアイ:三木眞一郎、ファットガム:興津和幸、壊理:小林星蘭、オーバーホール:津田健次郎