前澤友作のTwitterフォロワー数日本1位…鈴村健一「お金の力ってすごい…」
声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、1月13日(月・祝)~1月17日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


ハードキャッスル エリザベス、鈴村健一


◆60分
香川県議会が議論を進めている子どものゲームやネット依存症対策を目的とした条例案に、「ゲームは平日1日60分まで」「午後10時以降はゲーム禁止」などの具体的な制限が追加され、ネット上では物議を醸しています。

鈴村は、60分までとする制限時間について「ゲームをする人たちからすれば、60分はあっという間だし短いという感じはする」と感想を口にしつつ、「最終的には自分でコントロールできるようにならないとあまり意味がないと思う。子どものころ、親から『ゲームをやり過ぎだ。やめなさい』とすごく怒られたり、ゲームを片付けられたりしましたけど、“なぜ、いけないのか”と自分で考える時間があった。勉強もちゃんとやるからゲームもできるという相対的なものだったように思うし、ゲームが悪いという方向に持っていかないほうがいいと思う」と見解を述べました。

◆431人
2018年度採用の全国の公立の小・中・高校、そして特別支援学校で、1年以内に依願退職した新人の先生の人数は、431人。全国の依願退職者の増加は3年連続で、1999年度以降では最多でした。

従来、新人は比較的教えやすい学年やクラスを担当していましたが、現在は慢性的な教師不足の影響で、新人であってもいきなり重い仕事を任されるケースが増えているそう。エリザベスは「どの業界でもやっぱり1年目は苦労すると思う」と話すと、鈴村は「職場でどうやって成長できるかは、メンター(指導者)に出会えるかどうかが大事だし、自分でメンターを探すことも重要。自分が仕事をするために、何を目標、目処とするのかを見つけていくことが新しい職場では大事なことだと思うけど、それができないほど過酷なのかもしれない」とコメント。

◆719万3,000人
ZOZOTOWN創業者で前社長の前澤友作さんのTwitterフォロワー数が、719万3,000人を突破(※1月14日(火)時点)。タレントの有吉弘行さんを抜き、日本の著名人で最多となったことがわかりました。

去年に続き、今年も自身のツイートをリツイートした人のなかから抽選で1,000人に100万円をプレゼントする総額10億円のお年玉企画を発表し、フォロワー数が急激に増加。そんな背景もあって、鈴村は「お金(の力)ってすごいんだなって感じますよね」と呟いていました。

また前澤さんは、AbemaTVのお見合い番組の企画でパートナーを募集中。6つの条件に、鈴村から「これ、ザベス(エリザベス)さんのことじゃない? 随分当てはまっているけど、応募してみる?」と指摘されると、「あんまりタイプじゃない(笑)」とバッサリ。

◆162回
第162回芥川龍之介賞と直木三十五賞の選考会が1月15日(水)、都内で開催され、芥川賞は古川真人さんの「背高泡立草」、直木賞は川越宗一さんの「熱源」が、それぞれ選ばれました。

受賞作について、鈴村は「どちらも面白そう。背高泡立草(セイタカアワダチソウ)ってどこにでも生えていた。背高泡立草を見るといろいろなことを思い出すんですよ。だからタイトルだけでどんな話なのかすごく気になる」と興味津々の様子でした。

◆70年ぶり
「ノザキのコンビーフ」のパッケージが、70年ぶりにリニューアルすることが発表されました。缶の製造設備の老朽化と「開けづらい」との声が一部あったということで、形は踏襲しつつ底のシールを剥がすスタイルに。新パッケージは、3月16日(月)から販売開始予定です。

コンビーフが大好きという山崎は「コンビーフにマヨネーズをたっぷりかけて、七味をササっとふりかけると美味しいんだよね~! パンに乗せて焼いても美味しいし、キャベツと一緒に炒めても美味しいし、どうやって食べても美味しい!」と絶賛していました。


<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/