◆ 皆がリーダーのつもりで

 海外FA権を利用してMLBのシンシナティ・レッズと契約を結んだ秋山翔吾選手(31)が20日、西武の球団事務所を訪問。9年間お世話になった古巣への挨拶を終えたあと、新シーズンを迎えようとしている若獅子たちや新チームにエールを送った。

 自身の移籍によってレギュラーの一角を目指すことになる後輩たちへのメッセージを問われた秋山は、若手がレギュラーになるまでには、成功の積み重ねと1個の失敗を首脳陣に目をつぶってもらえるかがカギになると述べ、「そのうえで魅力があるなと思ってもらえる選手っている。それがホームランであり、盗塁であり、ヒットを打つことであり、守備であり、それぞれの個性があると思うので、プロで生き残るためのものを早く見つけて、チームに必要だと思わせるだけの準備をしてもらいたい」と金言を送った。

 その後、新チームに向けて「源田がキャプテンになったことで、他の選手が遠慮しないように。源田が動いたから、オレはキャプテンじゃないからいいと思わないでもらいたい」と、それぞれが自主性を持って行動することを要求。「源田の場合はマウンドにいくことでキャプテンとしてこうやってますっていうのは、メディアも使いやすい。それを選手がそう思わないでもらいたい。誰がやってもいいなかで、たまたま『C』マークをつけたやつが行っただけ。皆がリーダーのつもりで、役職に関係なく普通にやってほしい」と、自身の後を継いでキャプテンに就任した若きリーダーとチームを思いやった。