2得点で勝利に貢献したカゼミーロ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第20節が18日に行われ、2位レアル・マドリードと4位セビージャが対戦した。

 試合前にはレアル・マドリードのスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を記念したトロフィー授与式が行われ、負傷欠場でベンチ外となったキャプテンのセルヒオ・ラモスがこれを受け取った。

 29分、アウェイのセビージャに決定機が訪れる。左サイドからのコーナーキックにルーク・デ・ヨングが頭で合わせて強烈なヘディング弾をゴール左上隅に叩き込んだが、エリア内の駆け引きでセビージャ側のファウルがあったため、ゴールは取り消しになった。 

 前半は互いに枠内シュート1本のみに留まり、五分五分の内容で終了。スコアレスで後半を迎えた。

 57分、ついに試合の均衡が破れる。カゼミーロがルカ・ヨヴィッチのヒールパスからエリア内に侵入すると、相手をフィジカルで抑えながら相手GKの動きを見極めてループシュート。ゴール左下隅に流し込んで、レアル・マドリードが先制した。

 しかし、レアル・マドリードのリードは長く続かず。セビージャは64分、デ・ヨングがエリア前の混乱からボールをかっさらうと、寄せてきた相手を巧みなコントロールでいなして左足でフィニッシュ。強烈なシュートをゴール左下隅に突き刺した。

 すると70分、レアル・マドリードが勝ち越しに成功する。右サイドからルーカス・バスケスが丁寧なクロスを入れると、相手DFの間にポジションを取ったカゼミーロが頭で合わせる。ゴール右下隅に強烈なヘディングを叩き込み、自身2得点目をマークした。

 87分、レアル・マドリードに決定機が到来する。途中出場のヴィニシウス・ジュニオールが左サイドをえぐって折り返すと、飛び込んだトニ・クロースがダイレクトシュート。しかし、相手GKの好セーブに遭い、ゴールとはならなかった。

 試合はこのまま終了。レアル・マドリードは2連勝で勝ち点を「43」に伸ばした。次節はコパ・デル・レイのベスト32を挟んで行われ、レアル・マドリードはアウェイでバジャドリードと、セビージャはホームでグラナダとそれぞれ対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-1 セビージャ

【得点者】
1-0 57分 カゼミーロ(レアル・マドリード)
1-1 64分 ルーク・デ・ヨング(セビージャ)
2-1 70分 カゼミーロ(レアル・マドリード)