空でも活躍するポルシェ?深い関りを持つ理由

第二次世界大戦後初めてのドイツ製の量産機「ピュッツァーエルスター B」は、ポルシェ ミュージアムが大規模なレストアを行い、現在では航空ショーで「空飛ぶ大使」としてミュージアムを代表する存在となっている。なぜ、ポルシェと深い関りがあるのかというと、1950年代終盤にポルシェの航空機エンジン タイプ 678がこの機種でテストされたためだ。

このように、ポルシェミュージアムは地上だけではなく、空の伝統も継承している。オーナーであり、プロジェクトマネージャーを務めたユルゲン・ガッセブナーを中心に3年間、1000時間以上にもおよぶレストアを経た。この機体を完全にオーバーホールし、特にオリジナルパーツは可能な限り修理し、新品のパーツを最小限に抑えることに力が注がれた。こうして、「ピュッツァーエルスター B」はオリジナルの輝きを取り戻したのだ。

エンジン同様、「アビオニクス」として知られる電子機器も交換された。機内の木製のインテリアも完全にレストアされ、エアフレーム、つまり翼および胴体も専門家の手によりオーバーホールされた。シュトゥットガルトの著名なデザイナーであるヴォルフガング・ザイドルが創り出したそのデザインコンセプトでは、1950年代および 1960年代のポルシェのヒストリックレーシングカーが身に纏った、レッド、ホワイトおよびグレーの伝統的なポルシェカラーの塗装が施される。また、翼および胴体には、ポルシェ ミュージアムのロゴがあしらわれている。



1957年にアルフォンス・ピュッツァー社が設計したクラシック飛行機は、当初ドイツ空軍およびドイツ陸軍航空スポーツ部隊に配備された。そのうちの数機のみが個人所有となっている。軍および飛行クラブのいずれのパイロットにも、扱いやすい空力的特性をもつ高翼機であると絶賛され、基礎訓練やグライダー曳航用に使用された。「エルスター」の愛称で親しまれ、今日では現存する15機が連邦航空局に登録されており、飛行許可を得ている(エルスターB=10機、エルスターC=5機)。エルスターをよく知る人は、これを世界最高の「3手の」飛行機であると評している。

他の機体とは異なり、サイドラダーペダルで操作するノーズギア、およびメインアンダーキャリッジの2つのドラムブレーキを操作するフットペダルを備えていない。その代わりに、中央に着座しインストルメントパネルに向かったパイロットは、巨大なレバーを使ってノーズホイールを船の舵柄のように操舵して、直接転回する。このレバーを左側に引くと機体は右に曲がっていき、パイロットと乗員の間のバルクヘッドの側方には別のブレーキレバーがある。滑走路に出るだけでも、相当の技術が必要であったのだ。

1963年製のD-ELKYで登録されている「エルスター B」も、ポルシェと密接な関係をもっている。1957年からポルシェの航空機エンジン、タイプ 678/3がこの機種でテストされていた。そして、この水平対向4気筒エンジンはポルシェ356のエンジンをベースに開発されたのであった。「エルスター」の先祖はドッペルラーブで、アルフォンス・ピュッツァーがフリッツ・ラーブとともにモトールラーブと呼ばれるエンジン付のグライダーを開発した。



その後、「エルスター A」プロトタイプにはドッペルラーブの翼が採用された。当初は完全にドイツ製の航空機とする計画で、すでに52PS(38 kW)を発生するタイプ 678/3 のポルシェ エンジンが搭載されていた。飛行性能向上へのニーズに応えるため、「エルスター B」には 95 PS(70 kW)のロールスロイス コンチネンタルエンジン タイプ C-90 14 Fが後に搭載された。当時すでに、ポルシェはエンジンに効果的なサイレンサーを装着し、騒音問題に対処していた。

ポルシェ創業者のフェルディナンド・ポルシェが、100年以上前に、自動車用エンジンだけでなく、航空機用エンジンの開発にも成功していたという歴史も継承していくべきであるのだ。