人生に変化はつきものです。その変化と共にお金もどんどん出ていきます。変化に負けないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか?

人生に変化はつきものです。その変化と共にお金もどんどん出ていきます。変化に負けないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか? まずは、大きく2つのタイプの変化についておさえておきましょう。

◆その1. 事前に分かる変化

変化というと分かりにくいかもしれませんが、簡単に言えば人生の節目等のことです。子どもの入進学、卒業、就職、引っ越し、結婚、相続等、人生にはいろいろなことがあり、ファイナンシャル・プランニングの世界では、これらをライフプランといいます。

ライフプランは言葉通り、「ライフ=生活」をプランニングすることですが、これらのプランは自分で作っていくことが可能です。

あらかじめ自分のライフプランを作っておけば、いつ、どこで、どのようなタイミングでお金が必要になるのかを知ることができます。お金が出るタイミングが分かりますので、それに向けて準備していけばよいのです。

◆その2. 突然の変化
代表的なものとしては、病気になって働けなくなった、リストラされてしまった、家族が急逝した等があるかと思います。いずれにしてもピンチが伴う変化のことです。

このような変化は、いつ起こるのかは誰にも分かりませんので、準備することはできません。今あるお金で乗り越えなければなりませんし、変化に耐えうるだけの準備がなければ、家計は苦しくなってしまうのは明らかでしょう。

◆変化に負けないお金プランを考えよう!
事前に分かる変化であれば、ライフプランに従って貯蓄や運用することが得策です。ただし、物事には適材適所があるように、運用にも適材適所があります。

使う期限が決まっているものならば、元本割れしにくい商品で運用していく、教育費であれば学資保険の加入を考える等がよいでしょう。マイホームを購入するのであれば、財形等で積み立てるという方法もありますよね。

突然の変化の場合に備えるための基本となるのは、保険への加入です。病気になっても家族が困らないかを確認し、医療保険に加入または加入額を増額する、死亡保険は十分かを考えて、定期的に保険の見直しをすることが必要です。

突然の変化には、必ずしも兆候がないわけではありません。病気を防ぐために、日々健康に気を配ることができます。リストラなら会社の動向がどうなっているのかを把握していれば、発表前に転職などの準備をすることができます。

変化に負けないお金術で一番大切なことは、受け身にならないこと! 何とかなるという思いは捨てて、対策を立てておくことが必要なのです。

ライフプランを立てる、見直しをすることは、すぐにでもできます。変化に負けないためには自分の変化を知って、自ら行動を起こすこと! ぜひ、今からスタートしてください。

文=飯田 道子(マネーガイド)