NHK連続テレビ小説「スカーレット」に鮫島正幸役で出演している正門良規さん (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、鮫島正幸役で出演している関西ジャニーズJr.内「Aぇ!group」メンバーの正門良規さん。鮫島はヒロイン・喜美子(戸田さん)の妹・直子(桜庭ななみさん)の恋人で、お調子者だが、明るくて憎めない青年だ。朝ドラ出演について、「『どうしよう!』と驚きました。まさか自分が出演するとは思っていませんでした」と明かす正門さんに、撮影エピソードや役柄について語ってもらった。

 ◇お芝居は好きで、これからもずっとやっていきたいと思っていた

 同じ関西ジャニーズ Jr.の西畑大吾さんから、朝ドラで有名な方と共演したことや、出演した後いろいろな人に声をかけられるようになったことなどを聞いていたという正門さん。「なおさら『ちょっと怖い!』『大丈夫かな』という気持ちがありました。お芝居は好きで、これからもずっとやっていきたいと思っていたのでうれしさもあり、もういろいろな感情が入り交じっていましたね」と振り返る。

 撮影現場では「ヒロインの戸田恵梨香さんが関西出身と聞いたときにはびっくりしました」といい、「標準語でいろいろな作品でお芝居をされているイメージが多かったので、収録で戸田さんのせりふを聞いて『ほんまにずっと関西ことばでしゃべってはるんや』と思いました」としみじみ。

 また戸田さんは「たくさんアドバイスをくれますし、周りをすごくしっかり見ていらっしゃいます」との印象で、「『鮫島はたぶんこういう人やから、直子も服装とか影響を受けていると思う』など、僕が読み取れていないところまでご指摘してくださって、いろいろ気づかせてもらっています」と感謝する。

 ◇技量不足をひしひし? 「吸収することがいっぱいある」

 演じる鮫島の最初の印象は、「陽気で、ぬけていて、愛きょうのある人」で、「憎めないというか、可愛がられる人であってほしいですね。体育会系のメンバーの中で先輩ウケが良さそうな雰囲気になればと。最初は『こいつ!』と思われるんですが、周囲にだんだん受け入れてもらうのが理想です」と話す正門さん。

 一方、撮影ではずっと緊張続きで、普段から慣れ親しんでいる関西ことばも、時々「『さっき、ちょっとイントネーションがおかしくなっていたよ』と指摘されることがある」という。そのため正門さんは、「周りの役者さんのリアクションを見て、それに合わせてしまいそうになり、技量不足をひしひしと感じております」と反省も忘れない。

 それでも「吸収することがいっぱいあるので、今本当に勉強になっています」と声を弾ませると、最後に「このドラマの世界観、時代、家族の雰囲気を楽しんでほしいです。そして、けんかもするけれど、仲が良くてほのぼのしている川原家に、鮫島という調味料が加わることで、今後のストーリーがどうなるのか。川原家の家族目線で、鮫島を見て楽しんでいただけたらと思います!」と視聴者に呼びかけていた。