ミッションはワゴンR用! K4-GPに参戦する ホンダ S600 レーサー 3

このエスロクは、その製作途中に噂を聞いた加藤正史さんがオーナーとなり、K4-GP参戦マシンとして完成。シェイクダウンで参戦したレースでも完走を果たしている。

過去にはクラス優勝経験もある加藤さんは、エスロクを今後さらにマシンとして熟成させていくつもりだという。取材日は息子の一樹さんがドライバーを務め、サーキットを快走。

「良くも悪くもダイレクトですが、乗りやすいマシンだと思います」とその走りを楽しんでいた。

 今年は、参戦可能なカテゴリーのレースにはどんどん参戦していく予定だというから、その活躍に期待したい。



ラジエーターはフロント配置。その脇のインテークパイプは車内導入用だ。



サスペンションはザウルスJr.そのまま。バネレートのみ柔らかめにアレンジ。



ホイールはエンケイ・M18Jの13インチ×6J。希少なレース用だ。


キャブは純正インマニに、FCRφ33mmの組み合わせ。



苦労の末、ベストマッチを見つけ出したワゴンR用ミッション。ドライブシャフトはワンオフ加工した。