ズボンプレッサーおすすめ5選|簡単・ラクチンにしわを伸ばすことができるので時短に!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


家電ライターが選ぶズボンプレッサーおすすめ商品をご紹介します。ズボンプレッサーは広い面積を一度にプレスできるので、短時間にしわを取り、きれいな折り目をつけてくれます。そんなズボンプレッサーの選び方を家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

長さや縦・横で
ズボンプレッサーの選び方

家電ライターの秋葉けんたさんに、ズボンプレッサーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

小さく手軽な縦型? しっかりプレスの横型?

【エキスパートのコメント】

ズボンプレッサーは「縦型」と「横型」の2種類ある

ズボンプレッサーには大きく「縦型」と「横型」の2種類があります。

まずズボンを立ててプレスする縦型は、設置面積が少なく、部屋にそのまま置いて使えるのがメリット。毎日手軽にケアしたいという人におすすめです。

横型は、横に置いてプレスするので場所を取りますが、ズボン全体を均一にプレスできるので、できるだけしわをなくし、折り目をしっかりつけたい人におすすめです。ちなみに、横型でも使用後は立てて収納できるため収納スペースはさほど必要ありません。

プレス時間の長さはワードローブに合わせる

【エキスパートのコメント】

オシャレ着や高級紳士服をプレスする際は低温で!

プレスする時間はメーカーや機種によって異なりますが、だいたい10分〜30分程度。毎朝出勤前にプレスしたい人の場合、短時間でできるタイプが便利です。ちなみにプレス時間が短いものは設定温度が高く、そのため熱による除菌機能も使えます。

しかし、短時間でも高温を当てると生地を傷める可能性があり、高級紳士服での使用には向きません。オシャレ着や高級紳士服をプレスしたい人は、低温で長時間かけるタイプがおすすめとなります。

毎朝の出勤準備に便利な付加機能をチェック

【エキスパートのコメント】

除菌・消臭・ハンガー付きタイプなど付加機能も!

プレスする能力以外に、便利な付加機能もチェックしましょう。

除菌機能は、プレスの熱によって雑菌を除菌するもの。また、熱やフィルターで汗やタバコの臭いを分解するのが消臭機能。どちらも清潔に保つことでクリーニング代を節約でき、汗をかきやすい夏に助かる機能です。

縦型にはジャケットハンガーが付いたものがあります。脱いだ上着をかけておけば、翌朝、プレスしたスラックスと一緒に着ることができるので便利です。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)