萌(浅川梨奈)は学校でいじめを受けていた

山田裕貴が主演を務めるドラマ『SEDAI WARS』(MBS、毎週日曜24:50~/TBS、毎週火曜25:28~)の第3話が、1月19日25時15分からMBS、1月21日にTBSで放送される。

舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって様々な問題が深刻化し、社会は崩壊の一途を辿っていた。そんな中、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという「SEDAI WARS」の開催が発表された。それは“SEDAI(セダイ)”と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモない内容で……。団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、そしてミレニアル。果たして、勝つのはどの世代か!? そしてSEDAIに選ばれてしまったゆとり世代の主人公・柏木悟の運命は――?

そして、監督は、米国の『パワーレンジャー』シリーズ監督・総合プロデューサーを歴任し、さらに日本3大ヒーロー全てでメイン監督をつとめた唯一の存在でヒーローアクションの第一人者・坂本浩一が担当。山田のほか、岡田浩暉、真飛聖、浅川梨奈、池田優斗、横山めぐみ、出合正幸、奥山かずさ、鈴木正幸、西岡徳馬、大友康平らが出演する。また「SEDAI WARS」のナビゲーター・GENの声を高山みなみが演じている。

第2話では、ミレニアル世代代表の中学1年生・筧翔太(池田)が敗退。次の敗退者は一体誰なのか?

<第3話あらすじ>
各世代から選ばれた10人による「SEDAI WARS」が始まり、間もなく4人が敗退。残った6人によって、3日後に後半戦が行われることになった。6人は一躍「時の人」となり、注目を浴びるが、敗退者たちには、「世代の期待を裏切った」として、厳しい現実が待っていた。また、勝ち残った6人にも、喜んでいる余裕はなかった。ミレニアル世代のグラビアアイドル・西條萌(浅川)は通っている高校でいじめに遭っており、ロスジェネ世代の独身OL・白井優子(真飛)は、仕事と介護に明け暮れる生活に疲れきっていた。