MBSの「サタデープラス」に出演中の小島瑠璃子さん

 毎日放送(MBS)は1月16日、本社(大阪市北区)で社長会見を開き、三村景一社長は昨年のラグビーワールドカップの盛り上がりを受けて、同社で中継している高校ラグビーも好評だったことから、「今年1年はスポーツに特化して他局にないセンス、切り口でやっていこうと考えている」と話し、「サタデープラス」(土曜午前8時)など情報番組を中心に「ゲストなどを含めて、すべての番組でスポーツにアンテナを立てろと現場に伝えている」と語った。

 また、「5Gの時代にインターネットとつながり、もっともっとトライアルをしていかないと。地上波とネットをどうやってつないだらいいか。4月から深夜枠でネットとテレビがどんなふうにつながれるか、失敗してもいいので、トライアルしようと考えている」と明かした。

 1月7日の放送を最後に産休に入ったフリーアナウンサーの滝川クリステルさんがメインMCを務めるバラエティー番組「教えてもらう前と後」(火曜午後8時)については、「番組のスタンスとして、クリステルさんに代役を立てるのではなく、博多華丸・大吉さんを中心に毎週異なるゲストがMCに立つ。クリステルさんが、元気に出産されて帰ってくることを前提にしている」と見解を明かした。