女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」の第2話に出演した俳優の柄本佑さん(左)(C)日本テレビ

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が1月15日、放送された。吉高さん演じるヒロイン真壁ケイトの“元カレ”で、動物カメラマンの尾高由一郎役の柄本佑さんについて、「柄本佑が大人の色気というかイケメンオーラまとってて三度見した」「柄本佑ってあんなにかっこいいのか…という新発見」「柄本佑がかっこいいって、みんなが気づき始めた(笑) 前から色気だだ漏れてたよ」など、柄本さんの演技が注目を集めた。

 ドラマは、「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)や「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)などで知られる大石静さんが描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。

 柄本さん演じる尾高は、フリーランスの動物カメラマン。報道カメラマンだったころ、かつて世間を騒がせた殺人犯で、第1話でケイトの父と判明した乃十阿徹(小林薫さん)の出所の写真を撮影し、「週刊イースト」に掲載した経験を持つ。現在は妻子持ち、という設定。

 第1話の放送後にも、「柄本佑さんってあんなにイケメンだったっけ」などの声があがるなど注目を集めていたが、今回も、SNSでは「柄本佑が最高に良い。視線といい話し方といい、あの雰囲気。めちゃくちゃ好き」「柄本佑の役めちゃくちゃ魅力的」「柄本佑のカッコよさすごくよくわかってきた」など、支持を集めていた。中には、「どうしよう…日本中が柄本佑の素晴らしさに気づいちゃう」といった声もあった。

 また、ケイトとの婚約を破棄した野中春樹役の「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが、冷たくケイトを見る……という場面も登場。SNSでは、「野中くん、というか重岡大毅の目のアップ、なかなか鬼気迫るものがあった」「目の演技すごい」「いつもと違う重岡大毅の演技が見れてうれしい限り」といった声もあがっていた。