ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の第1話に出演した佐藤健さん(右)と山本耕史さん(C)TBS

 女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、1月14日放送された。特撮ドラマ「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)で仮面ライダー電王を演じた佐藤さん、「仮面ライダージオウ」(同局系)で仮面ライダーウォズを演じた渡邊圭祐さん、映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(杉原輝昭監督)で、「仮面ライダー1型」に変身した山本耕史さんが共演。SNSでは、「この病院には、仮面ライダー電王も、ウォズも、1型もいるってすごくない!?」と大盛り上がりだった。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れてナースに。念願かなって5年越しに再会した天堂浬(かいり・佐藤さん)は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。

 第1話では、「我が魔王」が口癖だった仮面ライダーウォズ役の渡邊さんが、「魔王」と言う場面も登場したことから、SNSでは「ウォズが『魔王』って言ってて笑ってしまう」と注目を集めた。また、「健くん、渡邉圭祐くん、山本耕史さんが出演してるから仮面ライダー感強かった しかもあだ名『魔王』笑」「思いのほか仮面ライダー要素強くて最高」といった声もあがっていた。