キャッチボールをする西武の宮川哲投手

◆ 社会人出身の3選手がA班へ

 西武の全体会議が15日に埼玉県内のホテルで行われ、辻発彦監督をはじめとする球団首脳陣やチームスタッフが出席。2月1日からはじまる春季キャンプメンバーの振り分けなどが話し合われた。

 会議終了後、取材に応じた辻監督がA班(一軍)に帯同させる予定の新人選手を明言。ドラフト1位右腕・宮川哲のほか、ドラフト2位左腕の浜屋将太、ドラフト5位の捕手・柘植世那といった社会人出身の3選手を南郷キャンプに参加させることを明かした。なお、新人以外の春季キャンプメンバーは後日発表される。

 A班のメンバーについて辻監督は「今年、戦力となり得る選手たち」を選出したと語り、帯同させる新人3選手については「それだけの力があると報告を受けている」とコメント。特に宮川と浜屋の両投手に関しては「いきなりとは思っていないけど、どういうポジションでいけるのか、どういうボールを投げるのかも見てみたい」と、期待を寄せた。


◆ A班入り新人選手のコメント

1位:宮川 哲(投手/東芝)
A班についていけるか不安ですが、しっかり割って入るくらい今から準備して頑張りたいです。
体力面だけじゃなくて、技術面もレベルが違うので、自主トレでは、しっかり投球の技術や指先の感覚を向上させてキャンプまでに仕上げたいです。
キャンプでは今の自分に何が足りないかがわかると思いますし、今まで色んな経験をしている松坂さんもいらっしゃるので、ピッチャーとしての技術や精神面などを学んで開幕一軍を目指します。

2位:浜屋将太(投手/三菱日立パワーシステムズ)
A班に選んでいただき、素直に嬉しいです。キャンプに向けて身体をつくって万全の状態で臨みたいです。
キャンプでは、一軍で投げている先輩方にいろいろと聞いてみたいですが、特に、1年間通してどのような調整をしているかを聞きたいです。
松坂投手は「怪物」というイメージです。経験をたくさん積まれているので、マウンドさばきやバッターとの駆け引きなどについて聞いてみたいです。
キャンプでは、自分の投球を見せてアピールしていき、開幕一軍を狙います。

5位:柘植世那(捕手/Honda鈴鹿)
期待されていると思うのでしっかりと期待に応えられるようにプレーしていきたいという気持ちです。
まずは守備だと思うので、プロでどういうプレーが通用するのか、そして送球やブロッキングの基本を学びたいです。
松坂投手はテレビで見ていた憧れの存在。球を捕るのが夢のようです。機会があれば受けてみたいです。
キャンプでは新人らしく、明るく元気にそしてチームに馴染んでいき、プレーで信頼を得ることができるようにがんばっていきたいです。