【大岡山パンさんぽ】デリ風サンドが充実のイトキトと新店ベーカリーコントラスト

毎日の暮らしをちょっと幸せにしてくれるおいしいパン。「絶品パンさんぽ」は、「365日、パンのことで頭がいっぱい!」というライター・斎藤若菜さんが、地元の人に愛されるとっておきのベーカリーをめぐる連載です。第3回は東急目黒線・大井町線「大岡山」駅周辺のパン屋へ。後編では、総菜パンの人気店と看板のないベーカリーを訪れました。

前編はこちら:【大岡山パンさんぽ】ドイツパン好きの聖地! ショーマッカーとヒンメル

ビストロ料理をサンドイッチや総菜パンで楽しめる「itokito(イトキト)」

大岡山北口商店街と大岡山北本通り商店街の間にある「イトキト」は、2007年にオープンしたお店です。

パンづくりと料理の腕を磨き、独自の総菜パンやサンドイッチを提供

オーナーの勝野真一さんは世田谷の「ダ・ブランジェ・ナイーフ」で3年半パンづくりを学んだ後、「サンドイッチや総菜パンに合う料理を覚えたい」と中目黒のフレンチビストロ「ビストロミカミ」でも修業を積み、2007年にイトキトをオープン。フレンチ総菜をベースとしたサンドイッチを中心に、さまざまなパンを販売しています。
「イトキト」という店名は、富山弁で新鮮なことを指す言葉「キトキト」と、勝野さんの息子さんの名前「イト」から。現在小学校6年生の息子さんが生まれてすぐの頃に開店したことから名付けたそうです。

料理を引き立てるパンを使い分けている、サンドイッチ

「イトキト」では総菜パンやサンドイッチに加え、お客さまのニーズを考えているうちに食パンやクリームパンなどの甘いパンも増えていったとのこと。現在は店頭に約50種類が並び、開店の10時には9割程度の商品が揃うように焼き上げています。
そのうち、9~10種類を占めているのがサンドイッチです。サンドイッチに使用するパンは、料理の邪魔をしないものをセレクト。ソースの水分量も考慮しながら、サンドイッチ用に焼いているライ麦食パンやフランスパン、全粒粉入りの食パン、フルーツサンドにはシンプルな白食パンなどを使い分けています。

フルーツサンドは季節に応じて果物が変わり、取材時は「柿と紅茶クリームのフルーツサンド」(330円)でしたが、サワークリームを混ぜたホイップクリームとミカンを合わせた自家製オレンジクリームのサンドや洋梨といちじくのサンド、フレッシュとジャムのいちごを挟んだサンドが並ぶことも。行くたびに新しい味を楽しめそうです。

イトキト
住所:東京都大田区北千束1-54-10 佐野ビル1階
営業時間:火曜~金曜10:00~20:00、土曜・祝日10:00~19:00
定休日: 日・月曜
公式HP http://www.itokito.com/

2018年オープンの「BAKERY CONTRAST(ベーカリーコントラスト)」

最後に紹介するのは、2018年11月にオープンした「ベーカリーコントラスト」。大岡山北口商店街の中にあるお店です。

パン好きにおなじみの店々で修業後、満を持して開店

オーナーの亀井秀太さんは、京都の「ル・プチメック」や「ベーカリー&レストラン沢村」「ブーランジェリーブルディガラ」といった名だたるベーカリーで腕を奮った後に独立し、「ベーカリーコントラスト」をオープンしました。
店名の「コントラスト」は、メリハリのある味や食感を楽しめるパンをイメージして名付けたそうです。

午後には大半が売り切れの日も。11時前後の来店がおすすめ!

店頭には、平日は40種類、週末は限定パンもあるため約50種類のパンが並びます。「元々はハード系のパンが好きで修業を積み、主力商品にしたいと考えていました。しかし、商店街の中という立地で幅広いお客さまに喜んでもらいたいと考えると、総菜パンや甘いパンの要望も多く、ラインナップが増えていきました」と亀井さん。
主な材料となる強力粉は北海道産がメインですが、日本の小麦だけ使用しているとパンのバリエーションが限られてしまうため、一部アメリカ産も使用しています。

おすすめの来店時間は「11時前後なら一番商品が揃っていると思う」とのこと。夫婦2人、できる範囲でパンづくりをしているため、たくさんのパンを作ることはできません。週末は、昼頃に商品の大部分がなくなってしまうこともあるそうなので、早めの来店がおすすめです。

ベーカリーコントラスト
住所: 東京都大田区北千束1-62-1 石田ビル1階
営業時間:10:00~19:00(売り切れ次第終了)
定休日: 月・火曜
https://www.facebook.com/bakery.contrast/
https://www.instagram.com/bakery_contrast/

編集後記

今回は、ドイツパンの有名店や総菜系のパンが強い店、オープンから1年少々の注目店と、さまざまな特徴のあるパン屋さんをめぐりました。取材をする中で4店舗に共通しているのが「よそいきではなく、普段使いのシンプルなパンを手頃な価格で販売したい」という思い。お気に入りのパン屋さんを見つけて気軽に通える、大岡山で暮らす人々がうらやましくなりました。

今回訪れた4店舗の位置関係

前編はこちら:【大岡山パンさんぽ】ドイツパン好きの聖地! ショーマッカーとヒンメル

※営業時間や税込み価格、パンの焼き時間など、記事内の情報は取材時点(2019年11月)のものです。変更される可能性がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報を確認ください

過去の「パンさんぽ」記事はこちら
【新高円寺】パンさんぽ前編・うさぎ尽くしの本格派ベーカリーを訪問!
【新高円寺】パンさんぽ後編・NY流ベーグルと人気のバゲットを満喫!
【国立パンさんぽ】添加物・卵不使用。こだわりの食パン専門店エスプリ
【国立パンさんぽ】人気店のアカリベーカリーとユニコーンベーカリーへ

※上記リンクから進めない場合はオリジナルサイトをご覧ください

執筆者:斎藤 若菜