オートサロン[2020.01.12 UP]


【東京オートサロン2020】自動車メーカーカスタムの実力/スズキ・スバル編


文●工藤貴宏

 スズキとスバルのブースを見ると、並んでいるクルマの方向性が見事なまでに逆なのが興味深い。
 スズキはスイフトスポーツの「KATANA(刀)エディション」をはじめハスラーのストリート仕様やジムニーシエラのマリンレジャー仕様など東京モーターショーのような提案型モデルを大量展示。ただし、市販化は視野に入れていない、あくまでもコンセプトカーだ。幅広い人にスズキの遊び心のイメージを印象付ける展示といえるだろう。
 いっぽうスバルは、「WRX S4 STI Sport GT コンセプト」や「BRZSTI Sport GT コンセプト」など、市販を視野に入れた新開発のSTIパーツを組み込んだカスタマイズカーを披露。こちらは幅広い来場者を対象にするのではなく、WRX S4やBRZに乗っているユーザーに対するピンポイントかつディープな展示だ。


研ぎ澄まされた“刀”の造形美 スズキ

スイフトスポーツ・カタナエディション

 独創的なスタイルでファンの多いスズキのバイク「KATANA」。そこからのインスパアでスイフトスポーツをカスタマイズしたのが「スイフトスポーツ・カタナエディション」だ。注目はデザイン。大胆に張り出したフェンダーに加え、フロントバンパーもエッジを強調して鋭い“刀”の美しさをイメージさせている。


















モータースポーツからのフィードバック SUBARU

WRX S4 STI Sport GT コンセプト

 「WRX S4 STI Sport GT コンセプト」と「BRZSTI Sport GT コンセプト」は、スバルの関連企業でありモータースポーツやスポーツパーツ開発を担当するSTIが手掛けたモデル。新デザインのエアロデバイスや開発段階にある機能パーツを組み込んで、内外装をコーディネートしている。
 車名に「GT」と付くのは、WRX S4ではグランドツアラーとしての性能を追求し、STIではレースの「スーパーGT」参戦車両からのフィードバックを受けて空力性能を磨き上げたことに由来する。


BRZSTI Sport GT コンセプト















関連情報


新車スポーツカー