アップアップガールズ(2)佐々木ほのかが語る過去の自分と夢【前編】「最初から夢は世界一のアイドル!」

アップアップガールズ(2)単独インタビューシリーズ、第5弾は、最年少メンバーのほーちゃんこと、佐々木ほのかちゃん!! 不思議ちゃん的な印象を持たれやすい彼女ですが、インタビューには真剣に答えてくれ、アイドルに本気で取り組んでいることがわかりました。ほーちゃんがフィーチャーされている8thシングル「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」のことから、アプガ(2)に入る前のこと、モーニング娘。への想い、アイドルへの想い、そして現在の自分に関して、1時間30分のロングインタビューです!! まずは前後編の【前編】です!

■「世界で一番かわいいアイドル」で壁をぶち壊す!?

――まずは新曲「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」のことを教えてください! 今回は初めて、大森靖子さん作詞作曲の楽曲です。

佐々木 はいー! 10月に4マンライブ(2019年10月16日に開催された、大森靖子さんが共犯者であるZOC、アップアップガールズ(仮)、クマリデパートと共に行った4マンライブ「(Z)×(仮)×(2)×(ク)のこと)をやらせていただいた時に、大森さんの大ファンのちーこ(中川千尋)が楽屋で、「ぜひ曲を作ってください!」と大森さんに言ってたのをわたしは聞いていたんです! そうしたらボス(アプガ(2)の事務所の山田社長)がなんかうまくしてくれたみたいで! まさか現実になるとは思わなくて、ビックリしました!

――ほーちゃんは大森靖子さんの曲は聴いたりしているんですか?

佐々木 わたし、TikTokをやってるんですけれど(ユーザー名:sasakihochan)、そこで大森靖子さんの曲を知りました。それで大好きになって…アプガ(2)に曲を書いていただけると聞いた時は、どんな曲になるんだろうって、ワクワクしました。はいっ!!

――ちーこちゃん(中川千尋)は、大森靖子さん好きだと前々からブログに書いていましたよね。

佐々木 はい! 前から大森靖子さんが好きで、4マンをやる前からZOCさんの曲も聴いていたみたいで「大好き!」って言ってました。楽屋にご挨拶に行ったときにちーこは「あーどうしよ」「ヤバいヤバい」「もう死んでもいい」とか、ずっと言ってて(笑)。そこから、曲を書いてもらえるようになるなんて、本当にありがたいです。

――ではまず「世界で一番かわいいアイドル」のことを訊きましょう。どんな曲なんですか?

佐々木 なんか、かわいくて、楽しいんですけど……実はエモい、みたいな。なんていうんですかね、かわいさとのギャップ? 「カッコいい!」とか「かわいい!」とか、ひと言で表わせる曲が多いと思うんですけど、この曲はひと言では表わせないんです。いろいろなものが、詰め込まれているんですよ。かわいいだけじゃなく。

――アイドルとしての、エモさが描かれているんですね。

佐々木 でも、歌詞を最初読んだ時は「不良だ!」って思っちゃいました(笑)。自分の好きなように突き進んでいく女の子で、「いいな」「うらやましいな」って。それに「♪反対されても 応援されてる」という、自分のパートの歌詞に「ん? どういう意味だろ?」って考えちゃいました。それでアプガ(2)に入る時のことを思い出して。わたしもアプガ(2)に入って、東京に出るってなったときに、父親に反対されていたんですよ。「ほのかは絶対に、やっていけないだろう!」って。家族の中でも、わたしが一番”問題児っ子”だったんです! 親に怒られても「すん!」みたいな。いま思うと、本当に性格悪かったんですよ! でもそんなわたしに、最終的に父は「東京出ても、ダメだったら帰ってきていいよ」って言ってくれて、いまはすごく応援してくれているんです。それに東京に出てきて、アプガ(2)として初披露はサプライズだったじゃないですか。だから1期メンバーのファンの人からは批判も多かったと思うんですよ。でも応援してくれている人もたくさんいらっしゃって、とても嬉しかったんです。この歌詞から、昔のことを思い出して、そういう想いが込められているのかなって、感じました。

――自分のことと重ねて、いろいろ考えることができる歌詞なんですね。

佐々木 はい。そうやって、歌詞をひとつひとつ読んでいくと、本当に深いなって感じました。大森さんがアプガ(2)のメンバーのことを見て、作ってくださったのかなと思っています。ラス前のセリフに関しても、わたしのことだなって思っちゃいました! レコーディングの時は、セリフをすべて続けて録音したんです。でも「おい! 方向!」っていう部分は、わたしだなって。ここって決めて目指していても、気づいたら違う方向に行ってるみたいな。それでいろんな人にツッコまれてる、これはわたしだって(笑)。そうしたら、わたしの担当になったんで「やっぱりな!」って(笑)。

――(笑)。そんな曲ですが、ほーちゃんは重要なパートを任されていますね。

佐々木 「世界で一番かわいい」っていう歌詞が何回かあるんですけど、一番最後の「世界で一番かわいい」は、レコーディングの時にもらった歌割には、全員か、誰かソロ、としか書いてなくて! だからわたし、「ここのソロ、欲しいな!」って思ったんですよ!! イヒー!!(爆笑)

――そうだったんですね!

佐々木 わたし、歌上手いとかそんな思ってないですけど、狙ってたんです。そうしたら、わたしのソロパートになってて! まさか、トリをもらえるなんて思っていなくて! 本当に嬉しかったです!!

――歌割を勝ち取ったというわけですね! 気合い入れて歌ったんですか?

佐々木 「音程通りじゃなくていいから、自由に歌って」と言われたので、もう叫びましたね! アハー!!(爆笑)。でも、できあがったのを聴いたら恥ずかしくなっちゃいました(笑)。ライブでは”これが世界で一番かわいいアイドルだぞ!”という気持ちで歌ってます!

――あとは、ラスト前のいわゆる落ちサビも、ソロで歌っていますよね。

佐々木 「♪いま全部~」のところですね。あれは、歌割見たらわたしになってたんで、「あれっ!」って驚きました。自分、絶対まーちゃん(吉川茉優)だと思っていたんですよ。練習はしてたんですけど、まーちゃんだと思って油断してました(笑)。これまでのアプガ(2)の曲の落ちサビは、まーちゃんか、ちなっちゃん(高萩千夏)が多かったので。そうしたら、佐々木って書いてて”頭パニック状態!”みたいな(笑)。しかも、腕につけているLEDラバーバンドを光らせるって聞いて! めっちゃ重要じゃないですか!! そこで音外したらヤバいなって。それにただ歌うだけじゃなくて、感情も込めなくちゃいけないですし、このパートだけリズムがゆっくりですし。なんか本当に、これは試練だなって、思いました。

――確かにこんなにがっつり、ひとりで落ちサビを歌うのは初めてですよね。

佐々木 初めてです! いまのわたしの壁は、ここのサビです。これから、ぶち壊していきたいなと!

――壁をぶち壊すんですね!? 乗り越えるのではなく!

佐々木 あれ? 違います? ハハハーッ!(爆笑) はい! 壊していきたいなと(笑)!

――この曲は、ほーちゃんをはじめとした、若いメンバーの歌割が多いですよね。1期メンバー(高萩千夏、吉川茉優、鍛冶島彩)の歌割が多かったこれまでの曲とは対照的です。

佐々木 そうですね。

――その中でもほーちゃんは、落ちサビも担当していて、ラストも担当していて、これはセンターと言ってもいいんですかね?

佐々木 ……ダメですねぇ。それはダメです。最近、ファンのみなさんは「成長したね」「歌、上手くなったね」と言ってくださるんですけど、歌割もらって、こんな下手くそなわたしがやっていいのか、と思いましたね。完成した音源を聴いたときも、自分はまだダメダメだな、まだまだ成長したって言えないなって思いました。やっぱり、これまでの曲のまーちゃんとか、ちなっちゃんと比べちゃうんですよ。2人と比べると、自分下手だなって。

――ネガティブモードに入っちゃったんですね。

佐々木 そうなんですよ、わたし、実はネガティブなんで(笑)。こんな人がセンターで歌って踊っていいわけないって、思っちゃいます(笑)。う~ん、これが自分のダメなところなんですかね? プラスに考えて、「やったー!」って素直に喜べないところが……。

――でもステージでは、とても嬉しそうに歌って踊っていますよね。

佐々木 歌割がたくさんあるというのは、普通に嬉しいんですけど、それに自分がどれだけついていけるかという問題があって。もっともっとたくさん歌って、バンバーン!って成長していく予定です!


■「し・て・る・も・ん」の違うタイプの妹!?

――ではもう1曲「し・て・る・も・ん」に関しても訊かせてください。

佐々木 同じアイドルを描いた曲なんですけど、「世界で一番かわいいアイドル」とは、これまたちょっと世界観が違います! 「♪かじぃ かじぃ」って歌詞があって、みんなで「これはかじぃ(鍛治島彩)の曲なんじゃないの?」って言ってました(笑)。

――やはり、印象に残るのは「お兄ちゃん!」ですよね。

佐々木 (笑)! すごいところにお兄ちゃん入れてきたなって思いました。まさかここにって! なんかアイドルが悩んでる歌詞で、「♪あぁ~」のあとに「お兄ちゃん!」ですからね。大森さん、すごいなって思いました!

――初披露のとき、いきなりのほーちゃんの「お兄ちゃん!」は衝撃でしたよ!

佐々木 お兄ちゃんは、最初歌詞を見て仮歌を聴いたときには、しまちゃん(島崎友梨亜)がやるんじゃないかって思ってたんですよ。しまちゃんと、あみた(新倉愛海)とか、あざとい系の2人かなって。そうしたら、まさかのわたしとちーこで。年下の2人か!って。わたし、お兄ちゃんはいるんですけど、どういえばいいんだろうって悩みました!

――お兄ちゃんのことは何と呼んでいるんですか?

佐々木 名前で呼んでますね。「お兄ちゃん」とは……呼んだことないです(笑)! 仮歌では「お兄ちゃーん!」って伸ばしていたんですけど、わたしのところは「お兄ちゃん!」って短く切ってるんですよ。レコーディングで「どれだけあざとくいけるかの勝負だから」って、多分言われたんです……夢ではないと思うんですけど。

――……それは、夢ではないと思いますよ。

佐々木 そうですよね(笑)! それで、自分なりのあざとくかわいくを、精いっぱいやりました。わたしの「お兄ちゃん!」は、ちーこのとは違って、「ねえねえ!」みたいな、ちょっと生意気だけど甘えてるみたいな、そんな妹です。ちーこのは、おとなしめでかわいくて、なんでも買ってあげたくなるような妹かな。欲しいんだけど遠回しに「あ、これかわいい……」みたいな! 2人の違いが出ていて、違うタイプの妹でいいなって思います。「お兄ちゃん」の言いかたにもいろいろあるんだなって。あざといにも、いろいろあるんだなって思いました。

――あざといにも、いろいろある!

佐々木 しまちゃんのあざといは、本当にあざといじゃないですか! 「うわぁ……あざとい!」って感じですけど、あみたのあざといは「あざと~い、けどかわいいから許しちゃお」みたいな(笑)。わかりますかね?

――(笑)。わかります! 2人とも自然に出るあざとさですけど、タイプが違いますよね。

佐々木 しまちゃんのは「もう! またやってるよ!」ってあざとさで、あみたのはもう「あみたかわいい~!」って、抱きつきたくなっちゃうあざとさなんです。わたしとちーこの「お兄ちゃん!」も、また違うあざとさなので、それを聴いて欲しいですね。

――ほかには、歌詞の部分で気になる部分はありましたか?

佐々木 かじぃのパートの「♪位置情報 間違えて 共有して 実家バレ」っていう歌詞、本当にかじぃがやりそうで怖いんですよ!

――確かに、かじぃは本当にやっちゃいそうですね(笑)。この曲の歌割はレコーディングでは決まっていたんですか?

佐々木 レコーディングのときには、歌割はもう決まっていましたね。わたしのパートで「♪不思議ちゃん ぶるつもりないけど」っていうのがあるんです。それも、わたしだなって思いました。わたし、加入した当時に「不思議ちゃん」とか「天然」とか「ふわふわしてる」とか、言われてたんですけど、それまで生きてきて、そんな風に言われた経験がなかったんですよ。アプガ(2)に入ってから、天然という言葉を知ったくらいです。

――確かに加入当時は、そんなキャラだと思われていましたね。

佐々木 「あれ?」って。本当に歌詞の通り、不思議ちゃんぶるつもりなかったんです! この歌詞を読んで、昔の自分を思い出しました。

――いま思い出してみると、不思議ちゃんというよりも、言いたいことがあっても言葉がわからなくて、変なことを言っちゃってたんですよね。

佐々木 そうなんです! 昔は、言葉を知らなかったですからね。

――いや、今も時々ありますけど……!

佐々木 (笑)。いまはもう中二になりましたし、言葉の意味もわかってきたんじゃないですか? ……中一のときよりも! ウフフフッ(笑)。

――最近はファンのみなさんは「きっと、こう言いたいんだろうな」って、察してくれてますよね。

佐々木 メンバーも、省略してくれますしね。

――省略? ……翻訳ですかね?

佐々木 そうです! ほーちゃんの言葉を翻訳してくれます(笑)! ニヒヒッ!!(笑)

――「し・て・る・も・ん」はセリフもメンバーにぴったりのものですよね。

佐々木 まーちゃんの「ママのご機嫌とってるもん!」とか、本当にそのままだなって思います(笑)。セリフの部分も、最初からパートが決まっていて「逆にバレて怒られるもん」って、絶対にわたしのことだって(笑)。わたし、いっつも怒られてるからだなって! ウハハハハッ(爆笑)!! 自分ではちゃんと聞いてるつもりなんですけど、内容の理解が追いついてないというか? 「まぁ、あとで聞こう」みたいに思っていて、忘れちゃうタイプです(笑)。

――「し・て・る・も・ん」は、ダンスも面白いものになってます。

佐々木 そうですね~、おもしろい振付ばかりですね~。変なおじさんとか、ヒゲダンスとか、どじょうすくいとか、おすもうさんとか。 最初は「あれあれ! どうしたのかな?」って思いました(笑)。いまでにない、”おふざけ”を入れてきましたね。アプガ(2)のの、楽しかったりかわいかったり、カッコよかったりする振付の中に、新たにおふざけというジャンルができたなって。でも、みなさんもすぐに覚えてマネできる振付なので、いっしょにやって欲しいですね。あとは、ライブではメンバーみんな、おもしろい表情とかもしてるので、そこにも注目して観て欲しいです! 「し・て・る・も・ん」は歌も、ダンスも、表情も、すべてに注目しなきゃいけない曲です!!

――ステージで、すべてに注目して欲しいと!

佐々木 はい! それに、今回大森さんに作っていただいた2曲は、アイドルのことを、歌っている曲なので、ファンのみなさんだけではなく、ほかのアイドルさんにも聴いて欲しいですね! あ! あとはわたし気づいたんです! 2曲のタイトルを並べると”世界で一番かわいいアイドルし・て・る・も・ん”になるんですよ!! 「あれ! 繋がってる!」って!! 曲調もリズムも歌詞も違いますけど、意味が似てる部分もあったり。この2つの曲って、繋がってるのかなって思いますね。「世界で一番かわいいアイドル」は、アイドル目指してアイドルになるまでと、アイドル初心者の感じで、「し・て・る・も・ん」はもうバリバリアイドルしてる、3年くらいアイドルやってる上級者みたいな感じなのかなって、わたしは思いましたね! この2曲は、何度聴いても、何度歌詞の意味を考えても、飽きないんですよ! なのでみなさんにも、たくさん聴いて、歌詞も見ながら聴いていろいろ考えてもらって、ステージも観に来て欲しいです!!


■ほーちゃん初の生誕ライブは地元福岡で!

――2月から、全国ツアーも決まりましたね!

佐々木 はい! なんと、2月2日は、わたしが初めて地元の福岡に単独ツアーで行くんですよ! なんとそれに加えて、初めての生誕祭もやるという! ほーっ!って、なります! どうしたらいいんだろうって! ライブはきっと特別なものになると思います。まだ決まってないんですけど、今の自分の成長を見て欲しいですし、昔の自分も見せたいですし……。

――昔のほーちゃん! どういうことですか?

佐々木 フフー(笑)。まだ、考えてるところだから秘密です。1部と2部、2公演ありますから、できるだけ変えたいとも思いますし……とにかくお客さんに楽しんでいただきたいですし、自分も楽しみたいです!

――どんな生誕ライブになるのか、2月2日が楽しみです!!

佐々木 2月2日……あれ! 2020年2月2日って、2ばっかりで、完全にアプガ(2)の日じゃないですか! キャー!! すごいです! そこでツアー初日で、わたしの生誕ライブ! すごっ!

――(笑)。確かに、すごいですね。

佐々木 満員にしたいですね! でも東京からは遠いじゃないですか……神奈川とか千葉は、ピュッって行けますけど、福岡は飛行機で1時間半、新幹線で5時間半ですからね。だからみなさん、是非とも1泊して、美味しいもの食べて、お土産買って帰って欲しいです。福岡は本当に、美味しいものいっぱいなんですよ! イチゴの「あまおう」は、福岡なんですよ! あと「なんばん往来」も美味しいです! 小さい頃、いっぱい食べてました! ほかにもわたしの知らない名物もいろいろあるはずです。美味しいもの以外には、観光地もいっぱいあります! 福岡タワーとか、ヤフオク!ドームとか! ライブだけ観るのはもったいないので、是非とも福岡も楽しんで欲しいです! あとはですね、また静岡に行くのが楽しみなんですよ。いまちょうど、社会の授業で静岡を学んでて。富士山があるから水が美味しくて、お茶が有名で。わたし、お茶とか抹茶が大好きなんですよ! だから、静岡ワクワクです。


■モーニング娘。に出会って変わった自分

――さてここからは、がっつりとほーちゃんのことを掘り下げて聴いていきます!

佐々木 はーっ!! はい!

――以前も取材で聞きましたけど、ダンスは小さい頃からやっていて、ステージに上がっていたんですよね。

佐々木 年少さんの頃から、手話ダンスでステージにはあがっていました。年中さんくらいのときに青SHUN学園に所属することになって、小学生に入るときに、手話ダンスをやめて、アイドルに専念しようって決めました。それからずーっとアイドルで、すーっとダンスは大好きです。

――なるほど。アイドルやろうと思ったきっかけはなにかあるんですか?

佐々木 青SHUN学園に入ったのは、親の知り合いから誘われてだったんで、アイドルになりたいというのはその時はなかったんですよ。でも、活動していくうちに、アイドルが楽しくて、アイドルやりたいってなったんです! その誘ってくれた人がいなかったら、わたしはここにいませんね! 多分、アイドルに目覚めてないと思います。

――そうだったんですね。では、青SHUN学園での初ステージは覚えていますか?

佐々木 小学校入る前まではレッスンをずっとしていて、アイドルとして初ステージは、小学一年生の時だったと思います。青SHUN学園KIDSというグループで、同じ年代の子たちがたくさんいました。その中でも……歌は下手でしたね(笑)。

――それはよく言っていますよね。自分は音痴だったと。

佐々木 そうですね。本当に下手くそで! 青SHUN学園のお姉さんたちともいっしょにステージに立ったり、いろんなことに挑戦して……演技もしたりしました! ものすごい下手くそでしたけどね(笑)。その活動の中で一番すごかったのは、auの秋川牧園のCMでした。確か、小三だったと思います。それまでもCMとかドラマのオーディションはいっぱい受けてたんですけど、ぜんぜん受からなかったんですよ。やっと受かったのが秋川牧園でした。

――青SHUN学園時代は、いろんなCMやドラマのオーディションを受けていたんですね。

佐々木 はい。ぜんぜんダメだったのは、中途半端だったからです。気持ちが中途半端だったんですよね。「アイドルしたい!」という気持ちはあったんですけど、ドラマとかにも出たいというので迷っていて。青SHUN学園は箱舟と言っていて、そこからいろんな場所に旅立って欲しいと。それで女優としてのオーディションもたくさん受けていたんです。アイドルやりたいというモヤモヤした気持ちを持ちながら、女優のオーディションを受けていたんで、多分ダメだったんです。気持ちの問題だったと思います。いろいろ、ほおばりすぎたんですね。

――どちらに行くか、わからなくなっていたと。

佐々木 まさに「おい! 方向!」ですよね。

――なるほど!(笑)

佐々木 それに……ダンスは好きだったんですけど……正直に言うと、歌は嫌いだったんですよ。それもあって、モヤモヤしてたのかもしれないです。セリフだったらウェルカムウェルカムだったんですけど、歌うことが本当に嫌いでした。そんな時に、モーニング娘。さんと出会うんですよね!!

――おお! モーニング娘。を最初に見たのはいつなんですか?

佐々木 モーニング娘。のオーディションを受けるって決めてからなんですよ。事務所から、モーニング娘。のオーディション受けてみないと言われて「おお!」って。モーニング娘。という名前と存在は知っていたんですけれども、ぜんぜん知らなくって。小学五年生、10歳の時ですね。

――そうだったんですね!(※ほーちゃんが受けたのは、2016年1月に応募開始した『モーニング娘。16 新世紀オーディション』 最終的に合格者は出なかった)

佐々木 オーディションをきっかけに、モーニング娘。さんを調べていって……沼にハマったと(笑)。そこでいろいろな動画を見て、鞘師里保さんに出会って……「あぁ! 歌って、いいな」って思ったんですよ。モーニング娘。さんのおかげで、歌が好きになりました。でもまあ、残念ながら落ちちゃったんですけれど……いま考えると、ダメでしたもん!(笑) あの時の歌唱力で、あの時のダンスでモーニング娘。さんに入ったら、確実に浮きますもん。だから、あの時じゃなかったんですよね。

ほーちゃんこと佐々木ほのかちゃんのインタビューはまだまだ続きます!
語り尽くせぬ「世界一のアイドルへの夢」についてたっぷりお話を聞いたインタビュー【後編】は明日1月13日(月・祝)午前11時頃アップ予定! こうご期待!


■アップアップガールズ(2)、8枚目のシングルは大森靖子さん作詞作曲!

「世界で一番かわいいアイドル/し・て・る・も・ん」
発売日:2020年1月7日(火)
価格:1000円+税

収録曲:
1.世界で一番かわいいアイドル
作詞:大森靖子 作曲:大森靖子 編曲:サクライケンタ
2.し・て・る・も・ん
作詞:大森靖子 作曲:大森靖子 編曲:ENIXES/michitomo(GOLDTAIL)
各inst曲
■アップアップガールズ(2)ライブツアー2020、2月から開催!
▲8人組の王道妹分アイドルグループ・アップアップガールズ(2)。左から、森永新菜、中川千尋、新倉愛海、吉川茉優、佐々木ほのか、島崎友梨亜、高萩千夏、鍛治島彩。


●アップアップガールズ (2)ライブハウスツアー2020アオハル し・て・る・も・ん

<日程>

2月2日(日) ~佐々木ほのか 凱旋&生誕SP~ @福岡Early Believers
1部 開場:12:30 開演:13:00
2部 開場:16:30 開演:17:00

2月8日(土) ~島崎友莉亜&新倉愛海 凱旋SP~ @新横浜NEW SIDE BEACH!!!
1部 開場:12:30 開演:13:00
2部 開場:16:30 開演:17:00

3月8日(日) ~中川千尋 凱旋SP~ @LIVE ROXY SHIZUOKA
1部 開場:12:30 開演:13:00
2部 開場:16:30 開演:17:00

3月15日(日) ~鍛治島彩 凱旋SP~ @柏PALOOZA
1部 開場:12:30 開演:13:00
2部 開場:16:30 開演:17:00

3月29日(日) ~森永新菜 凱旋&東京大会場SP~ @Veats Shibuya
1部 開場:12:00 開演:12:30
2部 開場:16:00 開演:16:30

4月4日(土) ~高萩千夏 凱旋&ツアーファイナルSP~ @いわきCLUB SONIC
1部 開場:12:30 開演:13:00
2部 開場:16:30 開演:17:00