伊織もえ(@moe_five)

コスプレイヤーの伊織もえが12月24日、『ヤングジャンプラブ』の表紙と巻頭グラビアを飾った記念イベントに登場。4月より放送を開始した自身のラジオ番組について振り返った。

2019年4月より放送を開始した伊織のラジオ、「ジェットラン・テクノロジーズ presents いちごとレモンとマスカット ~伊織もえとAI犬ドッチのサブカル農場~」。PM8:30分から放送されている同番組だが、同時間帯に放送されているラジオの中でも、特に若年層に視聴されていたそう。

伊織は「毎週30分間お話させていただくことに不安を覚えていたんですけど、いざ始まってしまうと一緒にラジオを作っているディレクターの方々とかが色々なことを教えてくれました」と回顧。

さらに、「ラジオの世界に飛び込んでみたら、実はものすごい広い世界で、いろんな方のラジオを聞き始めました。ラジオの時間を考える時間がとにかく増えて、来てくれるラジオの方からも勉強させていただいたり、曲を聞いたら『あ、この曲を自分のラジオでもかけようかな』とか、リスナーの方々が喜んでくれるかなって考えるようになりました。なので、一つ一つの自分の行動に深みを持たせてくれたお仕事でしたし、充実した時間を過ごさせていただきました」と感謝を伝えた。

また、ラジオを始めたおかげで様々なことを体験できたそうで「他のラジオ番組にも呼んでいただけて、人気番組の『たまむすび』さんだったり『アフター6ジャンクション』さんに呼んでいただけました。特に『たまむすび』さんでは月曜のスペシャルナビゲーターとして3ヶ月間ご一緒させていただきました」と説明。「みなさん穏やかに放送されているので、楽しかったし心地よかったです」と笑みを浮かべた。

2020年もラジオ番組に出演したいか尋ねると、伊織は「強く思っています!いっぱい出たいです!」と力強く答えていた。

(C)とてもかわいい