連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」の場面写真=日本テレビ提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)が、1月11日からスタートする。天海さんが天才脳外科医役に初挑戦する。脚本は、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「医龍-Team Medical Dragon-」「BOSS」シリーズ(すべてフジテレビ系)などの脚本を手がけた林宏司さん、演出は「女王の教室」「高嶺の花」(共に日本テレビ系)などの大塚恭司さんらが担当する。

 外科医の中でも一握りの「手術の天才」の集う脳外科が舞台の医療ドラマ。0.1ミリの手元の狂いが患者の生死を分けるプレッシャーと戦い、常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という最高の医師「トップナイフ」たちが抱える秘密などを巡る群像劇でもある。

 天海さん演じる深山瑤子は、東都病院脳神経外科で働く脳動脈瘤(りゅう)のスペシャリストで、管理職的な役割。自分の実力で患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている……というキャラクター。

 椎名桔平さんが脳神経外科で脳腫瘍のスペシャリストの黒岩健吾、広瀬アリスさんが脳神経外科で専門研修医の小机幸子、永山絢斗さんが脳神経外科で外科もカテーテルもできる二刀流の西郡琢磨、古川雄大さんが医師たちの集うBAR「カサブランカ」のオーナー・来島達也、三浦友和さんが脳神経外科部長の今出川孝雄を演じる。

 第1話は、東都総合病院の“女帝”で脳神経外科医の深山は、 部長の今出川から、新任の脳神経外科医・黒岩、西郡、小机のまとめ役を押し付けられた。赴任早々、急患の対応を任され戸惑う小机の前に深山が現れ、患者の危機を救う。深山は現場で使い物にならない小机に早速いらだちを覚える。看護師たちの間では、腕の立つ“トップナイフ”の黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうとうわさされる……。